サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

ソニー、中国ゲーム業界への投資を加速 – マイクロソフトとの争奪戦が過熱化

Sony(ソニー)は22日、中国製ゲームの発掘・育成プログラムを拡大する予定であると発表した。

Reutersによると、SonyはMicrosoftなどの競合他社に打ち勝つため、中国でのゲーム開発インキュベーションプログラムを拡大するとのことだ。Sonyの中国ゲーム制作ディレクターBao Bo氏は、このプログラムは各ゲームに100万元(約14万80ドル)以上を投資し、あらゆる規模の開発チームに資金を提供すると指摘している。

このプログラムは、「China Hero Project」と名付けられているが、その一環として、『Final Fantasy XV』にインスパイアされたアクションRPG『Lost Soul Aside』と、マルチプレイヤーTPS『Convallaria』を、PS4、PS5にてパブリッシングする予定とのことだ。

Microsoftは、人気ゲーム『原神』を取り逃した過去を後悔しており、中国ゲーム業界に多額の投資を行い、Xboxへの誘致を行っていると伝えられている。今後、Sony、Microsoft両社の中国ゲーム争奪戦は激しさを増すことだろう。

「中国から発信されるクリエイティビティを、世界中のゲーマーにもっと理解してもらいたい。私は常に、コンソールゲームが中国の人々の日常的な娯楽の一部となることを夢見ています」とSIE上海の江口社長は述べている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする