サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

AppleのApp Store Analyticsは、アカウントを通じて直接ユーザーを個人的に特定することが可能であるとの報告

Appleは、GoogleやMetaに比べて、何よりもプライバシーを重視する企業であると、自身の振る舞いを誇っているが、ある調査によると、この巨大テクノロジー企業はApp Storeのデータ収集に関しては、どうやら真実は異なるのではないかという報告が挙がっている。App Storeではユーザーを特定して自分の iCloud アカウントに関連付けることができるようになっているが、Apple は全くそのようなことはないと述べているのだ。

アプリ開発・調査チームMyskが公開したTwitterのスレッドで、AppleがApp Storeの分析結果と一緒に「Directory Services Identifier」、つまり「dsId」を送信していることが判明した。このユニークな識別子は、ユーザーのiCloudとも結びついており、名前、メールアドレス、その他の認証情報を結びつけることができる。憂慮すべきは、スレッドで報告された暴露によると、ユーザーが「設定メニュー」でデバイス解析をオフにしても、AppleはこのdsIdを他のアプリにも送信していることだ。

なお、Appleのデバイス解析とプライバシーのドキュメントでは、収集されたユーザー情報はいずれもその個人に結びつかないとしており、ユーザーとしては匿名で表示されることが示唆されている。

収集された情報によって個人が特定されることはありません。個人情報は、ログに全く記録されることはない、ディファレンシャルプライバシーのようなプライバシー保護技術の支配下にある、またはAppleに送信される前にレポートから削除されるかのいずれかになります。iOSデバイスで“設定”>“プライバシーとセキュリティ”>“解析と改善”に移動して、“解析データ”をタップすることで、この情報を確認できます。

Appleは、ユーザーデータを収集会社に売らないと言い続けているが、それが何であれ、自社の目的のために「Directory Services Identifier」を利用することは可能だ。今月初め、われわれは、Appleがユーザーのプライバシーを侵害する一方で、そこから金銭的な利益を得ているとする原告が、Appleを相手取って訴訟を起こしたことを報告した。この訴訟はMyskの調査に基づいて行われたが、AppleInsiderによると、iOS 16のデータは暗号化されているため、研究者は調べることができなかったという。

同社がプライバシーの保護について、同社がどれ程腐心しているか、そしてそれを大々的に宣伝している事を考えると、多くのユーザが、同社の行うトラッキングに驚くだろう。Appelがそのデータを第三者に送信していないことに、まだ安心しているユーザーもいるかもしれないが、今回の調査結果を踏まえ、同社は早急に「デバイス解析とプライバシー」のドキュメントを変更した方がいいかもしれない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする