サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

VMware Fusion 13で、ArmベースのMacにOpenGL 4.3 APIをサポートしたWindows 11をインストールすることが可能に

Parallelsは、Appleシリコン搭載のMacに、Parallels Desktop 18 for MacでArmアーキテクチャ環境用のWindows 11(Windows 11 on ARM)をインストールできるようになると発表したのに続き、VMwareは、同じ要件を満たすFusion 13の新バージョンと、その動作について発表している。VMwareは、同じ要件を満たすFusion 13の新バージョンも発表し、さらにOpenGL 4.3 APIの使用もサポートしているので、新しいMacモデルでも高いディスプレイ性能を扱えるようになっている。

VMware Fusion Pro and Player v13

OpenGL 4.3 APIをサポートすることで、仮想環境上で動作するWindows 11は、DirectX 11に準拠したアプリケーションやゲームを確実に動作させることができるようになる。ただし、ハードウェア設計上の制約から、Fusion 13を介して新しいMacモデルにインストールされたWindows 11は、依然として外部グラフィックスカードでは動作しない。

この場合、Windows 11は、Win32および64ビットアーキテクチャのアプリケーションに対応することになる。

VMware Fusion Pro/Player v13は本日よりVMwareの公式ストアからダウンロード/アップグレード可能で、システム要件はmacOS 12 Monterey以降のIntel/AppleシリコンMacとなっており、価格はPlayerが149ドル(アップグレードは79ドル)となっているが、バージョン12で導入された個人利用の無償ライセンスは継続されており、機能は限定されるもののVMware Fusion Player v13でもアカウント登録だけで無償ライセンスを発行してもらえる。

Proバージョンは、企業ユーザーを対象とし、199ドルおよび99ドルのアップグレードとして提供され、Player版と比較して暗号化仮想マシンの作成と管理機能、仮想ネットワークのカスタマイズがサポートされる予定である。Player版では、暗号化された仮想マシンの作成・管理機能、仮想ネットワークのカスタマイズのサポート、vSphere/ESXiサーバーアプリケーションへの接続機能などが追加されている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする