サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

908日ぶりに軌道に戻ったスペースプレーン「X-37B」。そこで何をしていたのか?それは極秘の任務だ

(Credit: Staff Sgt. Adam Shanks, Space Force.)

11月12日午前5時22分(米国東部時間)、宇宙軍(および空軍)のスペースプレーン「X-37B」が、2年半の軌道上生活を終えて地球に戻ってきた。このスペースプレーンは、これまでに秘密裏に6回のミッションを行っており、最新のOTV-6はこれまでで最長の飛行となった。X-37Bの目的についての詳細は不明だが、この機体が先進的な宇宙飛行のためのテストベッドとして設計されていることは明らかである。ここでは、最新のミッションについてわかっていることを紹介する。

X-37Bは、表面的にはNASAの退役したスペースシャトルに似ているが、乗員はおらず、アトラスVまたはファルコン9のフェアリングに収まるほど小型であり、軌道上で908日間という記録的な時間を過ごした。今回のミッションでは、機体の後部に新しいサービスモジュールを搭載し、これまでの飛行よりも大幅にアップグレードされた(X-37Bプログラムは、実際には2台の同じ機体を保有しており、それぞれが現在3回のミッションを飛行している。このサービスモジュールが宇宙機の恒久的なアップグレードになるかどうかは不明だ)。空軍高速能力局のX-37Bプログラム・ディレクターであるJoseph Fritschen(ジョセフ・フリッチェン)氏によると、このモジュールは宇宙船の科学実験能力を拡大するものであるとのことだ。

「OTV-6にサービスモジュールが追加されたことで、これまで以上に多くの実験を開催できるようになりました」と彼は言う。

宇宙軍は金曜日のプレスリリースで、2020年の打ち上げ前に撮影された、これまで未公開だったサービスモジュールの新しい写真を公開した。このモジュールは再突入前に宇宙船から排出され、現在も軌道上にあるが、宇宙軍は、不要な宇宙ゴミを責任を持って防止するため、最終的には安全に廃棄されることを強くアピールしている。

221111 F XX000 004
2020年5月の打ち上げ前のX-37B。宇宙船の基部に白いリング状のサービスモジュールが見える。(Credit: Staff Sgt. Adam Shanks, Space Force.)

OTV-6に搭載された実験のうち、2つはNASAが主導したプロジェクトであるため、機密扱いではない。1つは、宇宙空間での様々な物質の反応を見るための実験、もう1つは、宇宙放射線が種子に与える影響を調べるための実験だ。

また、海軍研究所は、太陽光をマイクロ波エネルギーに変換し、そのエネルギーを地球に再送信する実験を行っている。

2021年10月には、FalconSat-8という空軍の衛星も放出され、このミッションには5つの実験が搭載されていた。電磁推進システム、実験用低重量アンテナ、スタートラッカー、カーボンナノチューブ電波実験、姿勢制御用商用リアクションホイールである。FalconSat-8は現在も軌道上にある。

221111 F XX000 0002
2022年11月12日、着陸後の滑走路にいるX-37B。(Credit: Staff Sgt. Adam Shanks, Space Force.)

これらの既知の実験以外に、OTV-6やより広範なプログラムに関する詳細はほとんどない。X-37Bは軌道上でのマヌーバを行うことができ、過去に不特定のペイロードを軌道に放出したことがある。しかし、多くの人が知る限り、X-37Bは新しい宇宙機能のための実験的なテストベッドである。Fritschen氏は、「X-37Bは、政府および産業界の精鋭チームが裏方となって、実験の限界を押し広げ続けています。軌道上で実験を行い、それを安全に持ち帰って地上で詳細な分析を行う能力は、空軍省と科学界にとって貴重なものであることが証明されています。」と述べている。

秘密のスペースプレーンはX-37Bだけではない。中国は最近、独自の再利用可能なスペースプレーンを開発し、2020年に初めて打ち上げられ、現在2回目の飛行中だ。秘密主義ではない性質の翼のある宇宙船も、商業利用が始まっている。Virgin Galacticのサブオービタル宇宙船「VSS Unity」は2021年に創業者のRichard Branson(リチャード・ブランソン)氏を宇宙に飛ばしたし、Sierra Nevada Corporationは早ければ2023年にも国際宇宙ステーションに荷物を運ぶために、Dream Chaser(ドリームチェイサー)というスペースプレーンを開発中である。

X-37Bが次に何をするかについては、宇宙軍からあまり発表されていない。今後に期待しよう。

この記事は、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする