ボブ・アイガー氏がディズニーCEOに復帰

Walt Disney(ウォルト・ディズニー)は本日、Bob Chapek(ボブ・チャペック)氏がCEOの職を辞し、Bob Iger(ボブ・アイガー)氏が同社のトップに復帰することを発表した。昨年、正式に同社を去ったIger氏だが、再び指揮を執ることになる。同社によると、Iger氏が2年間CEOを務めるとしている。

前回の発表から約33ヶ月、Disneyは「取締役会の同意を得て変更した」と発表している。しかし、Disneyが今後2年間はCEOに留まるという発言は、Iger氏のCEO復帰が黒字化を主眼としていることを示唆しているのだろう。。

それ以前は、世界的な疫病の流行や、コンテンツ制作やグローバルなマーケティングにかかるコスト増がディズニーの収益に影響を与え、特にストリーミングサービス「Disney+」は利用者を増やし続けたものの、損失も拡大している。営業費用とのバランスを考慮し、広告なし版の購読料を月額11米ドルに引き上げている。

Disneyの取締役会議長であるSusan Arnold(スーザン・アーノルド)氏は声明で、「Bob Chapek氏の、パンデミックという未曾有の難局を乗り切るためのナビゲートなど、その長いキャリアにおけるディズニーへの貢献に感謝します。取締役会は、Disneyがますます複雑化する業界の変革期に乗り出すにあたり、Bob Iger氏はこの極めて重要な時期を通じて当社をリードするユニークな立場にあるという結論に達しました。」と述べている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする