サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

クアルコムのチップを搭載したラップトップやスマートフォンでは、アドビのアプリケーションのパフォーマンスが向上する

Snapdragon 8 Gen 2プロセッサの発表のほか、Qualcomm(クアルコム)はイベント「Snapdragon Technology Summit 2022」で、さまざまな製品やパートナーシップを発表した。2つの新しいオーディオチップ、ARグラス用チップセット、デスクトップグレードのプロセッサの新しいブランド(Oryon)なども公開された。

イベントの中で、同社はAdobe(アドビ)と協業し、Qualcomm Snapdragonプロセッサを使用するノートPC、スマートフォン、タブレットにパフォーマンスの向上と専用機能を提供することも明らかにした。Adobe AcrobatおよびAdobe Frescoアプリケーションは、まもなくQualcommのARMベースのチップセットを搭載したWindowsデバイスでネイティブに動作するようになる。これらのアプリケーションは、2023年頃に登場する予定だ。Adobe PhotoshopとAdobe LightroomはARMのWindowsでネイティブに動作するが、将来的には改善される予定だ。

また、QualcommはAdobe社と協力し、AR(拡張現実)エクスペリエンス構築用のプラットフォームであるAdobe Aeroを通じて、同社のARMチップセットを使用したラップトップでのXRプロジェクトのパフォーマンスを向上させることを目指している。彼らの目標は、クリエイターがSnapdragon Spacesでコンテンツを作成する方法をより多く提供することだ。さらに、AdobeのAIエンジン(Adobe Sensei)がQualcommのプロセッサー内のAIエンジンで間もなく動作し、自動車の背景除去、色彩強調、超解像などの高度な機能を実現する予定だ。

QualcommのMCX担当SVP兼GMであるAlex Katouzian(アレックス・カトウジアン)氏は、「Snapdragonは、複数の製品カテゴリでプレミアムな体験を表現し続けています。当社は、ユーザーを中心に技術を設計し、事実上どこからでも、最もパーソナルなデバイスで創造性を発揮できるよう支援しています。アドビとともに、クリエイターのために、世界最先端のクリエイティブツールやドキュメントツールをSnapdragon搭載デバイスに導入し、将来のデジタル体験を実現するために取り組んでいます。」

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする