サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

Lucid Motors、ラグジュアリーSUV「Gravity」の新画像を公開

(Credit: Lucid Motors)

アメリカ・カリフォルニアに本拠を置くEVメーカーであるLucidは、その第2弾モデルであるSUV「Gravity」の新たな画像を公開した。

gravity bt front view
(Credit: Lucid Motors)

プレミアムEVメーカーの第2の主力車は、同社がAirセダンを公式に発表したビデオの最後に初めて予告して以来、ほとんど秘密にされたままになっていた。

これまで外観に関する情報はほとんど明らかにされず、出てくる情報は開発の進捗状況に関する物ばかりだった。だが今回、ティザーではあるがついに外観の一部が明らかになり、この特異なSUVの一部が明らかになったわけだ。

フロントマスクのランプや水平排気口、リアのテールライトなど、Airのデザインが引き継がれることが写真から明らかとなった。3列シートのキャビンは非常に広く見え、セダンのグラスキャノピールーフは、更に大きなバージョンが提供されるようだ。

gravity bt interior view
(Credit: Lucid Motors)

さらにLucidによると、Gravityは「スーパーカー並みのパフォーマンス」を発揮するという。パワートレインの詳細はまだ明らかにされていないが、複数の電気モーターが搭載され、出力は1,000ps以上になる可能性もありそうだ。次期Air Sapphireに搭載される1,200psを実現する新型トライモーターが搭載されることはないだろうが、それに近い性能を発揮してもおかしくはないだろう。

lucid gravity
(Credit: Lucid Motors)

座席は、2列または3列の構成が用意され、最大7人が乗れるこのSUVは、Airを除く「市場のどのEVよりも」航続距離が長くなるという。Air Sedanが836kmの航続距離を実現しているため、それと同等か、超えてくる可能性もある。ちなみに、Teslaで最も航続距離の長いモデルSは、651kmと、Lucidに比較すると控えめだ。

gravity bt dynamic interor detail
(Credit: Lucid Motors)

CEOのPeter Rawlinson(ピーター・ロウリンソン)氏は、「Gravityは、我々がこれまでに達成したすべてのことを基礎とし、社内技術をさらに進化させ、他にはないラグジュアリーパフォーマンスSUVを創造すします。Lucid Airがセダンのカテゴリーを再定義したように、GravityもラグジュアリーSUVの世界に衝撃を与え、全体的に新しいベンチマークを設定するでしょう。」と述べている。

Lucid Gravityは2023年に予約受付が開始され、2024年中の納車を目指すとのことだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする