サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

Snapdragon 8 Gen 2とDimensity 9200の比較

Qualcomm(クアルコム)のフラッグシップ・モバイルコンピューティング・プラットフォーム「Snapdragon 8 Gen 2」の発表が本日行われたが、ライバルとなる先日発表されたMediaTekの「Dimensity 9200」と比較してみよう。

両コンピューティング・プラットフォームは、TSMCの4nmプロセスを採用し、Armの次世代アーキテクチャ、Armv9命令セット、トリプルクラスターコンピューティング構成の合計8コアを搭載して設計されている。ちなみに、MediaTekに関しては、第2世代の4nmプロセスである事を明かしているが、Qualcommは明言していない。

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2MediaTek Dimensity 9200
CPU構成• Cortex-X3 @ 3.19GHz x 1
• Cortex-A715 @ 2.8GHz x 2
• Cortex-A710 @ 2.8GHz x 2
• Cortex-A510 @ 2.0GHz x 3
• Cortex-X3 @ 3.05GHz x1
• Cortex-A715 @ 2.85GHz x3
• Cortex-A510 @ 1.8GHz X4
CPUビット64ビット及び32ビット対応64ビットのみ
GPUAdreno 740
(ハードウェアレイトレーシング対応)
Arm Mali-G715 Immortalis MC11
(ハードウェアレイトレーシング対応)
DSPHexagon
(スカラー、テンソル、ベクトルの融合)
混合精度INT8/INT16
INT4サポート support
APU 6.0
APU 690
ディスプレイ• QHD+ 最大 144Hz,
• 4K 最大 60Hz,
• Full HD+ 最大 240Hz
• WHQD 最大 144Hz
• 5K (2.5Kx2) 最大 60Hz
対応RAMLPDDR5X(最大8400Mbps)LPDDR5X (最大:8533Mbps)
カメラサポート• 200MP シングルショット
• 108MP シングルショット(連続撮影対応)
• 64MP+36MP (連続撮影対応)
•トリプル36MP (連続撮影対応)
• ハイブリッドAF
• 10ビット HEIF  画像キャプチャ
• HDRビデオ撮影
• マルチフレーム ノイズ リダクション
•リアルタイム オブジェクト分類、セグメンテーション、および置換
• 超解像ビデオ撮影
MediaTek Imagiq 890
• 320MP シングルショット
動画撮影• 8K @ 30fps (HDR)
• 4K UHD @ 120fps
• 720p @ 960fps
• 8K @ 30fps
• 4K UHD @ 60fps
動画再生• 8K 最大60fps
• 4K HDR 最大120fps
• AV1, H.265 及び VP9ビデオデコーダー
• 360度ビデオ
• AV1, H.265 及び VP9ビデオデコーダー
充電Quick Charge 5
4G/5G モデム• X70 LTE/5G (統合)
• 下り最大:10,000Mbps
• 上り最大:3,500Mbps
• Helio M80 アーキテクチャ
サブ6GHz
ミリ波
その他ネットワーク性能• Bluetooth 5.3
• Wi-Fi 7, Wi-Fi 6/6E (802.11ax), Wi-Fi 5 (802.11ac), 802.11a/b/g/n
• Bluetooth 5.3
• Wi-Fi 7, Wi-Fi 6/6E (802.11ax), Wi-Fi 5 (802.11ac), 802.11a/b/g/n
製造プロセス• TSMC 4nm (N4?)• TSMC 4nm (N4P)

Snapdragon 8 Gen 2はArmのセミカスタム設計を採用し、Arm Cortex-X3 CPUをカスタムチューニングして動作クロックを3.19GHzに向上させ、従来設計よりも動作クロックを向上させている。パフォーマンスコアは4、動作クロックは2.8GHzのままで、総コア数は8コアのままだ。だが、Snapdragon 8 Gen 2は、32ビットサポートのために、あえて旧世代のCortex-A710を2コア残している。

9200に関しては、コア数や動作クロックを調整することで、Arm設計とほぼ同様だ。

Qualcommは、最適化によりエネルギー効率を40%上げていると述べていることから、TSMCの第2世代4nmプロセスを採用したと仮定すると、エネルギー効率の高いコアを3つにし、その動作クロックを上げることで、スマートフォンの運用で通常必要となる演算性能に対応し、さらに動作クロックの高いメインコアに演算性能を集中させ、4コアをパフォーマンスコアとして維持し、演算性能向上に繋がると考えているように思われる。

MediaTekの取る路線は、主にこれまでの構成を踏襲したもので、今年はArmの新しいアーキテクチャ設計で、Qualcommのものとは明らかに異なる。

ディスプレイ側では、Qualcommは次世代のAdreno GPUを、MediaTekはArmのImmortalis-G715 GPUデザインを採用しているが、どちらもハードウェアレベルでのリアルタイムレイトレーシングと可変レートレンダリングをサポートし、さらにお互いのSnapdragon AIEとAPUデザインを組み合わせて、人工知能コンピューティングを加速させることが可能だ。このAPUは、互いのSnapdragon AIEとAPUの設計を組み合わせることで、人工知能を加速させることも可能となる。

さらに今年、MediaTekはついにDimensity 9200にサブ6GHz帯とミリ波接続の両方を採用し、Wi-Fi 7とBluetooth 5.3接続も追加し、無線接続アプリケーションの性能が市場ニーズのほとんどを満たすことができるようになった。QualcommとMediaTekの両社は、5G接続のための調整を重ね、5G接続の端末の使用時間を長くできるようにしたが、総合的な接続速度では依然としてQualcommが優位に立っている。

また、より柔軟なカメラレンズ構成が可能で有機ELディスプレイの経年劣化補正技術に対応したSnapdragon 8 Gen 2や、チップレベルのブルーライトフィルタリングで最大3億2000万画素に対応するDimensity 9200など、具体的な設計内容にも違いがある。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする