サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

AMD Navi 31 GPUのブロック図がリーク – 54%のパフォーマンス/ワット、より大きなL0/L1/L2キャッシュ、80%のレイトレーシングの改善

AMD RDNA 3 “Navi 31” GPUのブロック図がリークされ、Radeon RX 7900 XTXおよびRX 7900 XTグラフィックスカードを搭載する世界初のチップレットゲーミングGPUの外観が明らかになった。

AMD RDNA 3は、ゲーミングGPUセグメントにおいて、初めてチップレット設計を実現した記念すべき製品となる。元々AMDは、RyzenとEPYC CPUでチップレット革命を起こしたパイオニアであり、その流れをコンシューマ向けGPUにも適用した形だ。AMDによると、チップレットGPU設計は、標準的なモノリシック設計に対して、破壊的なアーキテクチャアプローチを提供するとのことだ。

AMDはこれまで、フルNavi 31 GPUが96MBのL3キャッシュ(別名Infinity Cache)を搭載することを明らかにしていたが、L0、L1、L2キャッシュについては不明だった。それが今回新しくリークされたスライドに記載されている。

  • L0 – 3MB – 240%の増加
  • L1 – 3MB – 300%の増加
  • L2 – 6MB – 50%の増加
  • L3 (Infinity Cache) – 96MB (Navi 21より32MB少ない)
AMD RDNA3 NAVI31 BLOCK DIAGRAM
AMD RDNA3 Navi 31 ブロック図 (Credit: VideoCardz)

ブロック図によると、AMD Navi 31の6つのShader Engineのレイアウトで、それぞれに8つのデュアルCompute Unitを搭載している。AMDは、デュアルイシューSIMDを追加することで演算スループットを2倍にしたが、コア数は2倍になってはいない。そのため、Stream Processorの数は6144だが、実効的な単精度の演算性能は61TFLOPSに向上している。
また、スライドでは、RDNA3アーキテクチャが3GHzを超えることに言及している。これは、実際のリファレンスデザインでは2.5GHzブーストを超えないが、3.0GHzまでスケールアップするアーキテクチャになっているという報道を裏付けるものかもしれない。

キャッシュシステムについては、AMDはRDNA 3 “Navi 31” GPUに合計4つの異なるキャッシュ階層を用意している。まず、Infinity Cache LLCは、5.2TB/sのInfinity Fabricリンクで相互接続された6つのMCDプールで96MBを構成している。L2キャッシュが6MB(50%増)、L1キャッシュが3MB(300%増)、L0キャッシュが3MB(240%増)となっており、L2キャッシュとL0キャッシュの合計で96MBとなる。96MBのInfinity Cacheは、AD102のL3キャッシュとフルにマッチしている。AMDによれば、GPUの実効帯域幅は3.5TB/sである。つまり、Infinity Cacheは約2.5TB/sで、残りの960GB/sはGDDR6インターフェイスからもたらされる。

AMDの第2世代レイトレーシング実装には、より大きなRTアクセラレータが搭載されており、CUあたりの性能が50%向上している。その中には、光線が50%増加し、専用命令、新しいレイボックスのソートとトラバーサルが含まれている。より大きなキャッシュ(複雑なRTワークロードに役立つ)の助けを借りて、AMDは、最大80%のレイトレーシング性能向上(2.5 GHzで)を期待している。

ジオメトリとピクセルパイプラインに目を移すと、AMDはMDIA(Multi-Draw Indirect Accelerator)の利用、12プリミティブ/CLK(50%増)、2倍のハードウェアプリ/ベールカルレートに注目している。ピクセルでは、6 Prims Rasterized/Clk(50%増)、192 Pixels/Clk(50%増)、Random Order Opaque exports、Pixel Wait Syncをアピールしている。あとは、発表会からわかっていることとほぼ同じだ。

革新的な新しいAMD RDNA 3 “Navi 31” GPUは、来月12月13日にコンシューマー向けに発売される。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする