クアルコムの次世代NuviaベースSnapdragon、既にデザインウィンを獲得か

スポンサーリンク

Qualcomm(クアルコム)は、高性能なCPU設計を持つNuviaを買収して以来、AppleのMチップに対抗すべく開発を進めているが、どうやらQualcommの次世代Nuvia搭載SoCは、開発は順調に進んでおり、実際に発売される2年前にすでにデザインウィンを獲得しているようで、大きな自信に繋がっているようだ。

Design-Win(デザインウィン)」とは、半導体業界における1つの指標であり、実際にどれだけ営業成績につなげられたかを測るものだ。単純に言ってしまえば当該製品の売り上げ額となる。

QualcommのCEOであるCristiano Amon(クリスティアーノ・アモン)氏は、今週行われた投資家およびアナリストとの電話会議で、「これまでに獲得した多数のデザインに基づき、2024年にSnapdragon PC上のWindowsに変曲点が訪れると予想しています。当社のカスタムCPUを組み込んだ次世代Windows on Snapdragonソリューションのエコシステムの牽引役として、OEMのデザインウィンを獲得しました。」と述べている。

Qualcommは、Nuviaを搭載したSnapdragon SoCの開発では、多くの困難に直面した。当初、同社は2022年8月に同プロセッサのサンプリングを開始し、2023年に商業的に出荷する予定であった。しかしその後、同社はサンプリングを2023年に延期し、現在は同社のSoCを搭載したWindowsシステムの登場が2024年になると予想している。

Amon氏は、デザインウィンの数や2024年の具体的な時期(ホリデーシーズンの2024年発売は厳密には2024年出荷)は明らかにしなかったが、デザインウィンの数が増えていることは、PCメーカーが2年後のArmベースのWindowsマシンを提供することを約束していることを示す。さらに、このようなコンピュータが提供する可能性のある性能と競争上の優位性を保証していることを示しており、これはQualcommとArm搭載SoCの他の設計者の両方にとって良い兆候となる。

ただし、残念ながら、NuviaベースのSnapdragon SoCに関しては、大きな懸念事項もある。それは、現在進行形で行われているArmとQualcommの係争だ。Cristiano Amon氏は、ArmとQualcommの間で進行中の法廷闘争には言及していないが、もしArmが訴訟に勝てば、ArmはQualcommにNuviaの既存のCPU設計を破棄し、絶対に市場に出さないように要求するため、Nuviaの終焉を意味することになる。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA