『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(12月16日公開)の予告編が登場!

アバター:ザ・ウェイ・オブ・ウォーター(原題:Avatar: The Way of Water)』の新しい予告編が公開された。2009年のオリジナル版から10年後のパンドラへ観客を誘う新たな物語の幕開けだ。

この映画は、ジェイク(サム・ワーシントン)、ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)、そして彼らの子供たちであるサリー一家が、新たな脅威に直面する様を描く。

前作に引き続き、ジェームズ・キャメロンが監督を務め、ライトストーム・エンターテインメントでジョン・ランドーとともにプロデュースも担当する。出演は、ワーシントンとサルダナのほか、シガニー・ウィーバースティーヴン・ラングケイト・ウィンスレットが出演している。キャメロンは、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバーとともに脚本を執筆している。

Deadlineによると、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は上映時間は3時間以上と非常に長い映画になるようだ。ちなみに、世界史上最高の興行収入を記録した2009年の前作は、2時間41分だった。

キャメロン監督は先日、『アバター』は映画館で観ることを前提に作られているため、自宅で観ても映画を観たことにはならないと話していたようで、可能な限り最高の環境で視聴することが推奨されるようだ。

『アバター』が公開されてから10年以上が経ち、キャメロン監督は最近、『ウェイ・オブ・ウォーター』が映画館で成功するかどうか確信が持てないと話していた。映画は12月16日に世界同時に公開される。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする