サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

RTX 4090の驚異的な性能は『原神』を13K解像度で動作させる事が出来る

発売したばかりのNVIDIA製GPUのフラグシップモデル「RTX 4090」は、現行モデルで圧倒的な最高性能を誇るが、その性能がどれ程のものか、描画可能な解像度という観点でテストしたのが、今回ご紹介する動画だ。

Golden Reviewer氏が、人気ゲーム『原神』を“13K”という桁違いの解像度で動作させた動画をアップロードしている。

Golden Reviewer氏のPCスペックは以下の通りだ。

  • CPU:Intel Core i7-10700KF
  • マザーボード:Asus Prime Z490-P
  • RAM:64GB Corsair Vengeance LPX DDR4-3200 RAM
  • GPU:MSI GeForce RTX 4090 GAMING X TRIO 24G GPU
  • SSD:Samsung SSD 970 EVO Plus 2TB

まず、13K解像度の動画に先立って、同氏は7K解像度で『原神』を動作させた動画を公開していた。

RTX 4090のパワーによって、『原神』を6880 x 2880の解像度で、グラフィック設定を最高品質に設定して実行している。また、秒間フレーム数の制限を解除し、60fps以上で動作するようにしていた。

実際、動作時にフレームレートやハードウェアの状態がどのようにになっているのか分かるように、動画では情報が常時表示されていた。

Screenshot 2022 10 29 141938.png

その後、彼は今回ご紹介する信じられないような高解像度である13K解像度で動作させた動画を公開したわけだ。

元々『原神』自体がそこまでハードウェア要件の高いゲームではないが、それでもこの高解像度はインパクトのあるものだろう。

とはいえ、この解像度は、画質とゲームプレイを完全に破綻させることなく、可能な限り高い設定で行った結果、この解像度で落ち着いたとのことだ。画面解像度は13760×5760で、DLSSのようなAIによるアップスケーリングは行っていない“素の状態”とのことで、もしそのようなサポートを組み込むことができれば、映像品質を維持したままさらに優れたパフォーマンスを発揮することも可能になりそうだ。

動作時のフレームレートは、30fps前後で安定して動作していたとのこと。

Screenshot 2022 10 29 143337.png

Golden Reviewer氏によると、この解像度でスクリーンショットを撮影すると、1画像あたりの容量は、86MBにも上るそうだ。ちなみに、解像度は80MPで保存されたという。ズームインして細かいディテールを確認してみても綺麗な状態だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする