Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

認知症予防には、クロスワードパズルが大いに有効である事が研究の結果明らかに

脳を鍛えることで記憶力の低下を遅らせることができることは様々な研究から導かれた結果であるが、そのための最適なツールが何かはまだ定まった答えが得られていない。今回、アメリカのコロンビア大学デューク大学の研究者による新しい研究で、軽度認知障害(MCI)の高齢者の記憶機能において、クロスワードパズルをすることがテレビゲームよりも有利であることが明らかになった。

コロンビアの精神医学・神経学のDavangere Devanand(ダヴァンゲレ・デヴァナンド)教授とデューク大学の精神医学・内科学のMurali Doraiswamy(ムラリ・ドライスウェイミー)教授によって、この研究はNEJM Evidence誌に発表された。

無作為化比較試験において、ウェブベースのクロスワードパズルを行う訓練を受けた平均年齢71歳の参加者は、認知用ビデオゲームで訓練を受けた参加者よりも認知機能の改善が見られたと判定されたのだ。

コロンビア大学で脳の老化とメンタルヘルスの研究を統括しているDevanand氏は、「これは、他の介入と比較して、家庭でのクロスワードパズルのトレーニングが、短期的にも長期的にも有益であることを証明した最初の研究です。この結果は、軽度認知障害への介入で改善を示すことが困難であることに照らして、重要なものです。」と述べている。

クロスワードパズルは広く使われているが、これまで、アルツハイマー病を含む認知症のリスクが高い軽度認知障害では、体系的に研究されていなかった。研究グループは、2つの異なる施設でMCIを持つ107人の参加者を、クロスワードパズルのトレーニングか、12週間の集中トレーニング後に最長1年半のブースターセッションを行う認知ゲームトレーニングのいずれかに無作為に割り当てた。

どちらの介入もコンピュータ化されたプラットフォームを介して行われ、毎週コンプライアンスモニタリングが行われた。

この試験で得られた最も顕著な結果は、12週間と78週間の両方において、クロスワードパズルは認知ゲームよりも主要な認知アウトカム指標において優れていたことであった。日常生活機能の指標であるFunctional Activities Questionnaireでは、78週目にクロスワードパズルの方が優れていた。

クロスワードパズルは、病期が遅い被験者には優れていたが、病期が早い被験者には、どちらのトレーニングも同じように効果的であった。

更に顕著なのは、脳の縮小についての結果だ。

クロスワードパズルでは、78週目に脳の縮小(MRIによる測定)が少なかった。「認知だけでなく、日常生活においても、MRIで脳の縮小を示すなど、臨床的に意味のある効果が認められた」とDevanand氏は述べている。

また、この研究は、参加することの重要性を強調している。コンピュータの使用を電子的に遠隔監視した結果、障害の後期段階にある参加者は、コンピュータを使った認知ゲームよりも、より親しみのあるクロスワードパズルによく取り組んでいた可能性がある。

これらの結果は非常に有望であるが、著者らは、非活動的な対照群を設けた大規模な対照試験で再現する必要性を強調している。

Doraiswamy氏は、「認知、機能、神経保護を向上させるという3つの要素は、この分野の聖杯です。アルツハイマー病の進行を遅らせるための家庭用デジタル治療法として、脳トレの規模を拡大するためのさらなる研究は、この分野の優先事項であるべきです。」と述べている。

研究の要旨

軽度認知障害(MCI)は、認知症のリスクを高める。MCI患者に対する認知トレーニングの有効性は不明である。

今回、2施設の単盲検78週間試験において,年齢,重症度(早期/後期MCI),部位によって層別化したMCI患者を,Webベースの認知ゲームまたはWebベースのクロスワードパズルを用いた12週間の集中在宅コンピュータトレーニングに無作為に割り付け,その後6回のブースターセッションを実施した。混合モデル解析では,主要アウトカムは,ベースラインで調整した 78 週の時点での 11 項目のアルツハイマー病評価尺度-認知(ADAS-Cog)スコア(スコアが高いほど認知障害が大きいことを示す 70 点スケール)のベースラインからの変化であった.副次的アウトカムとして、ベースライン調整後の78週時点における神経心理学的複合スコア、University of California San Diego Performance-Based Skills Assessment(機能的アウトカム)スコア、Functional Activities Questionnaire(機能的アウトカム)スコアのベースラインからの変化。磁気共鳴画像における海馬体積と皮質厚の変化も評価した。

結果

107名の参加者(n=51[ゲーム];n=56[クロスワード])において、78週目のADAS-Cogスコアはゲームでわずかに悪化し、クロスワードで改善した(最小二乗[LS]平均差、-1.44;95%信頼区間[CI]、-2.83~-0.06;P=0.04)。ベースラインから78週目までのADAS-Cogスコアの平均は,ゲームで悪化し(9.53→9.93),クロスワードで改善した(9.59→8.61).後期MCIサブグループでも同様の結果が得られた(LS平均差、-2.45;SE、0.89;95%CI、-4.21~-0.70)。副次的転帰のうち、Functional Activities Questionnaireスコアは、78週目にクロスワードよりもゲームでより悪化した(LS平均差、-1.08;95%CI、-1.97~-0.18)。その他の副次的アウトカムには差がみられなかった。海馬体積と皮質厚の減少は、クロスワードよりもゲームで大きかった(LS平均差、34.07;SE、17.12;95%CI、0.51~67.63[海馬体積];LS平均差、0.02;SE、0.01;95%CI、0.00~0.04[皮質厚])。

結論

クロスワードを用いた在宅コンピュータトレーニングは、78週間にわたるADAS-Cogスコアのベースライン調整後の変化という主要アウトカムにおいて、ゲームよりも優れた効果を示した。(米国国立衛生研究所、国立老化研究所による支援。ClinicalTrials.gov番号、NCT03205709)。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする