『The Witcher』がUnreal Engine 5でリメイク

スポンサーリンク

CD Projekt Redは先日、The Witcherシリーズの複数の作品を含む、開発中のプロジェクトを一挙に発表した。そのうちの1つはコードネーム「Canis Majoris」と呼ばれ、外部スタジオによってUnreal Engine 5で開発された「本格的な」Witcherゲームであることが明らかになっていた。そして今回、このプロジェクトの詳細が明らかになった。コードネーム「Canis Majoris」は、実はThe Witcherシリーズ第1作のリメイクであることが判明したのだ。

ポーランドのスタジオFool’s TheoryがCDPRの監修のもと『The Witcher』のリメイクを進めている。開発の初期段階であるため、ゲームの発売は少なくとも2〜3年先になるようだ。CDPRは、このプロジェクトの詳細について語ることが出来るのはしばらく先になるだろうと述べている。しかし、Fool’s TheoryがCDPRがシリーズの他のゲームに活用しているのと同じツールセットを使って、The Witcher Remakeを一から作り直していることは確認された。ちなみに、Fool’s Theoryのチームには、『The Witcher 2: Assassins of Kings』と『The Witcher 3: Wild Hunt』に携わった開発者が名を連ねているとのことだ。

CD Projekt Redのスタジオ責任者Adam Badowski氏は、The Witcher Remakeの発表について、スタジオにとってすべてを始めたゲームのリメイクは大きな瞬間であり、おそらくオリジナルの開発を開始するよりも大きな出来事だと感じているとコメントしている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA