新型Mac Proは最大48コアCPUと152コアGPUを搭載する可能性

スポンサーリンク

Apple(アップル)のMacシリーズは、およそ2年の歳月をかけて独自のAppleシリコンに置き換えられてきたが、まだ1つだけIntel(インテル)製のチップを搭載したものが残されている。それは言うまでもなく最上位のMac Proであり、この最上位機種もAppleシリコンに置き換えられることが期待されている。今回、Bloombergの記者Mark Gurman氏によって報告された情報では、この新しいワークステーションの最上位構成には、最大152コアのGPUが搭載されるとのことだ。

膨大な数のGPUコアと並んで、最高峰のチップ構成には48コアのCPUも搭載されるかもしれないと、BloombergのMark Gurman氏は「Power On」ニュースレターで述べている。Gurman氏は、パフォーマンスと電力効率のためにどれだけのコアが割り当てられるかの内訳は明らかにしていないが、Mac Proが据え置き型の製品であり続けるように設計されることを考えると、CPUコアの大半はパフォーマンスに力を入れて構成される可能性が高い。

また、同紙によると、より性能の低い24コアのCPU、76コアの構成も提供されると考えているが、価格については言及しなかった。

Mac Proについて。その新しいハイエンドマシンには、M2 Maxの少なくとも2倍から4倍のパワーを持つチップオプションが含まれます。それらのチップをM2 UltraとM2 Extremeと呼ぶことにしましょう。私の考えでは、Mac Proは24個と48個のCPUコア、76個と152個のグラフィックスコアのオプションと、最大256GBのメモリを提供することになると思います。

Marak Gurman – Bloomberg

最大256GBのユニファイドRAMと、膨大な数のCPUとGPUコアを搭載した次期Mac Proは、既にMac Studioで圧倒的な性能を示しているMacのワークステーションを更なるレベルに引き上げる存在になることだろう。Gurman氏は、ワークステーションを駆動するSoCの実際の名称については不明としながらも、最も強力なものは「M2 Extreme」、より強力でないものは「M2 Ultra」ではないかと推測している。

Apple の M1 Ultra が UltraFusion と呼ばれるプロセスで 2 つの M1 Max チップセットを結合して開発されたように、Apple も同じプロセスで 2 つの M2 Ultra チップセットを結合して M2 Extreme を開発するかもしれないことが、以前リークされた証拠から明らかになっている。残念ながら、これらのカスタムシリコンの製造プロセスについて、Gurman氏は詳細を明らかにしていない。TSMCの3nmプロセスが遅れていることを考えると、少なくとも、4nmの製造プロセスが利用されるようになるのではないかと推測される。

Apple は、今後数か月以内にこれらのデバイスを発表する予定だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA