Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

メールアプリ「Spark」が大幅リニューアル – Windows版も登場

Readdleは、同社の人気メールクライアント「Spark」のメジャーアップデートを本日発表した。このリリースでは、新しいホーム画面、スマート受信トレイ、優先メール、脇役に設定する機能、コマンドセンター、「ゲートキーパー」メールブロックなど、多数のアップデートと新機能が提供される。また、SparkはMac、iOS、Androidに加え、初めてWindowsでも利用できるようになった。

Readdleは、本日のブログ記事で、新しいSparkのすべての変更点と追加された機能を発表した。

私たちは、満たすべき能力よりも多くの「欲求」と「必要性」を持っています。人やアプリは、私たちが積極的に制限しない限り、常に私たちの気を散らせます。意味のある仕事をするためには、中断することなく集中できる時間が必要です。意図的な決断は、より多くの努力を必要としますが、より良い結果につながります。生産性と電子メールに対する新しいアプローチが必要なのです。

今回のメジャーリリースを総括して、Readdleは、「新しいSparkは、新しい生産性哲学、アップデートされたエクスペリエンス、パワフルな新ツールのセット、そして待望のWindows版をもたらします。」と述べている。

Sparkの新しい生産性哲学は、以下の4つの属性に基づいている。

  • 指向性
  • 集中
  • 達成感
  • 学習

そのために、Sparkでは既存の生産性向上ツールとは異なり、意図的な新しいワークフローの導入を支援することで、気を散らすものを減らし、制御を強化し、集中力を向上させるという。

このアプリは、受信トレイを見る頻度についてさえも考え抜かれている。メッセージをどこに置くか、どのような順番で表示するか、誰があなたにメールを送ることを許可するかなど、非常に細部までデザインされているのだ。これはGmailの上にある単なるインターフェースではなく、メールのための完全なシステムといえる。

Sparkメールアプリの新機能

最新リリースの新機能をご紹介しよう。

新しいスマートインボックス

実在の人物からのメールを上部に、ニュースレターやお知らせを下部にまとめて表示します。これにより、重要なメールに集中することができ、受信箱の中のごちゃごちゃしたものを取り除くことができます。また、Sparkでは複数のメールアカウントを接続し、それらをすべて一つの受信トレイで管理することができます。

03 Intentional productivity
優先メール

重要な送信者からのメールは、「優先」マークを付けて見逃さないようにしましょう。優先する相手からのメールは受信トレイの一番上に表示され、ハイライト表示されるので、すぐに確認できます。

Priority
完了のマーク

メールをタスクのように扱い、作業が完了したら完了マークを付けます。Sparkは、受信トレイから「完了」メールを削除し、受信トレイゼロを達成するための美しい報酬を提示します。

ひとまず脇に置いておく

週末に読むニュースレターや、すぐに返信できないメッセージなど、後で処理したいメールもあるはずです。それらは都合の良い時間に置いておき、今大切なことのために集中力を取り戻しましょう。

コマンドセンター

Сenterコマンドを使用すると、これまで以上に迅速にメールに対応することができます。Sparkが提供するすべてのアクションへのショートカットを備えたハブのようなものだと考えてください。Cmd+KまたはCtrl+Kを押してコマンドセンターにアクセスし、メールをすばやく処理できます。

Command center
ホーム画面

ホーム画面は、1日のうちでメールを開く回数を減らし、より良いメール習慣を促すのに役立ちます。ストレスや気が散ることを減らし、生産性を高めるために、受信トレイに入ることなく優先的にメールを作成し、それに関わることができます。

Home screen
ゲートキーパー

新しい送信者を事前にスクリーニングし、あなたにメールを送ることを許可する人を決定します。不要な送信者を簡単にブロックできるので、メール対応にかかる時間や精神的な負担を軽減できます。

Gatekeeper
送信者別グループ

特定の送信者からのメールが多すぎる?受信トレイをすっきりさせるためにメールをグループ分けし、ワンクリックで完了マークを付けましょう。

ミュートスレッド

もう必要のないスレッドをミュートすることで、進行中の会話から静かに身を隠すことができます。CC’edやBCC’edになった長いメールチェーンに最適です。

大容量の電子メールの添付ファイル

25MBを超える添付ファイルをSparkから直接送信できます。受信者はあなたのファイルをダウンロードするための安全なリンクを取得します。

SparkがWindowsに進出

Windowsは全世界で14億人のユーザーを持ち、その中には多くのビジネスユーザーも含まれています。Windowsを使う人は、Sparkで重要なことに集中し、生産性を高めることができるようになりました。今すぐSpark for Windowsを入手しましょう。

これらのアップデートに伴い、Sparkは新しい価格体系を導入している。ユーザーは無料版を使い続けることも可能だ。

しかし、今回のアップデートで追加された、すべての高度な最新機能を搭載したSpark Premiumは、以下のような価格になる。

新規の個人ユーザーは、年間サブスクリプションで月700円(8,400円)、月間サブスクリプションで月額1,100円。
既存の個人ユーザーは、年間サブスクリプションのライフタイム割引が30%適用され、料金は59.99ドルから月475円(5,700円)になる。月間サブスクリプションで月額1,100円だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする