サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

Intel XeSSに対応した『Death Stranding』は、AMD FSR 2.0と比較してビジュアルとパフォーマンスが悪化している

AMD FSR2.0と、先日のアップデートで新たにサポートされることになった、Intel XeSSアップスケーリングテクノロジーによって、『Death Stranding: Director’s Cut』のパフォーマンスとビジュアル品質はどの程度差が生じるのか?この興味深い実験を、KyoKat PC GameplayがYouTubeで公開してくれており、結果としてIntelのアップスケーリングテクノロジーが、AMDのテクノロジーに及ばないことが明らかになってしまった。

Intelによる鳴り物入りのテクノロジーであっただけに、この結果は非常に興味深いものとなる。

ただし、タイトルによって差が出てくるのか、最初に登場した『Shadow of The Tomb Raider』について、Digital Foundryによるテストでは、FSR 2.0をビジュアル・パフォーマンスの両面で上回っており、印象的な結果を残していた。

Intel XeSS対応タイトルについては、今後続々登場することが期待されるが、これを見ると、タイトルによってそのパフォーマンスはまちまちと言えそうだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする