サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

Amazonが音質を改善した新たなスピーカー「Echo Studio」と「Echo Dot」を発表

Amazonは、Echoスピーカーのアップデートを実行した。ただし、デザインの変更はなく、主に内蔵機能に焦点を当てた更新となっている。そして、今回レギュラーの「Echo」については特に変更がなく、リフレッシュが行われたのは、ハイエンドの「Echo Studio」とコンパクトな「Echo Dot」となり、これらはオーディオ性能が大きく強化されたとのことだ。

モデルチェンジしたEcho Studioには、Amazonのこれまでの3Dサウンド技術を改良した、新しい空間オーディオ処理が搭載されている。同社によると、“より大きく、幅があり、明瞭で、存在感のある”優れたステレオサウンドが期待できるという。また、周波数帯域もアップデートされ、中域の明瞭度が増し、低音はより深くなった。同社のハイエンドスピーカーにはホワイトのカラーが追加され、29,980円で10月20日に発売される予定だ。

また、スマートスピーカー「Echo Dot」についても、オーディオ性能が強化された。Amazonの説明によると、本体の大きさは前モデルと同じまま、より大きなスピーカーを搭載できるように内部を再設計したとのこと。新しいドライバーは、前回のEcho Dotよりも2倍の低音とクリアなボーカルを提供するという。同社はまた、Echo Dot with Clockをアップデートし、アーティストや曲名、スヌーズタイマーなどの情報をディスプレイに表示できるようにした。両モデルとも、加速度センサーとセンサーが新しくなり、タッチ操作も改善されるようだ。Echo Dotについては、日本ではまだ新型のアナウンスはないようだが、近々追加されると思われる。

また、Amazonは本日、EchoスピーカーにEeroメッシュWiFi技術を搭載したことも発表した。これは、対応するEchoがWiFi中継器として機能し、1台あたり最大1,000平方フィート(92平方メートル)のインターネット接続可能エリアを追加してくれるとのことだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする