Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

マイクロソフト、Azure Virtual Desktopのパスワードレス認証とSSO対応を発表

マイクロソフトは、Azure Virtual Desktopがパスワードレス認証に対応し、パブリックプレビューに入ったことを発表した。

マイクロソフトによると、Azure Active Directory(AD)管理者も登録後にシングルサインオン(SSO)に切り替えることが可能になったとのことだ。

Azure Virtual DesktopのシニアプログラムマネージャーであるDavid Bélangerは、発表の中で以下のように述べている。

「今日、我々はAzure ADベースのシングルサインオンを可能にするパブリックプレビューを発表し、Windows Helloやセキュリティデバイス(FIDO2キーなど)を使ったパスワードレス認証をサポートします。この新機能は現在、Windows 10、Windows 11、Windows Server 2022のセッションホストで、9月の累積更新プログラムプレビューをインストールすると利用できます。」

シングルサインオンは、WebとWindowsクライアントを使用する場合、Azure AD-joinedとHybrid Azure AD-joinedの両方のセッションホストで動作する。

しかし、パスワードレス認証は、Windows クライアントを使用する場合、Azure AD を使用するホストと各セッション内でのみサインインが可能だ。

パブリックプレビューに登録した後、Azure ADと統合するサードパーティのIDP(Identity Provider)を使用してホストにサインインすることも可能となっている。

Azure AD SSO RDP Property

また、Bélanger氏は、新機能がWindows 10、Windows 11、Windows Server 2022のセッションホストでのみ使用できることを明らかにした。

追加条件として、Azure ADのパスワードレス認証とSSOは、9月のCumulative Update Previewを導入した後でのみ利用できるようになるとのこと。

Azure Virtual Desktopは、アプリの仮想化サービスであり、Windows、Mac、iOS、Android、またはHTML5ベースのAzure Virtual Desktopクライアントを介して、インターネット上でWindowsデスクトップを使用できるクラウドベースのデスクトップだ。

Microsoftは、4年前の2018年9月に「Windows Virtual Desktop」としてクラウド型デスクトップ仮想化サービスを発表し、1年後の3月のパブリックプレビューテスト段階を経て、全世界で一般利用が可能となった。

2021年6月、マイクロソフトはこのプラットフォームを「Azure Virtual Desktop」にリブランドし、リモートアプリストリーミングのための新しいセキュリティ機能と価格オプションを追加している。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする