Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

最速の公道車を目指すDelage D12は、F1に最も近いドライビングフィールを目指している

フランスの自動車メーカー、Delage(ドラージュ)は、ハイブリッドスーパーカー「D12」を公道走行可能な世界最速のクルマにすると宣言している。

Source

同社は、1905年に創業したが、1953年に操業を停止していた。その後、ハイブリッドスーパーカー「D12」によって、停止したブランドを2019年に復活させると宣言していた。

30台のみ生産され、世界中で販売されるこの車には、「スピードスター」と「F1」という2つのキャノピーオプションが提供される。

「スピードスター」では、小さなフロントガラスが、「F1」には、小さなウィンドディフレクターが追加される。

コックピットを覆うカバーは取り外し可能で、位置も変えられるため、気分に応じて3種類の運転が可能だ。

また、D12では搭載される電気モーターの違いによって、「GT」と「クラブ」の2バージョンが用意される。搭載される7.6リッターV12エンジンは、976ps/8,200rpmと832Nm/6,200rpmのトルクを発生するものが共通だが、ここに追加される電気モーターに違いがある。「クラブ」は20馬力の電気モーターが搭載され、「GT」には110馬力の電気モーターが搭載されている。

「GT」では電気モーターを追加することで1,100psを実現している。一方、「クラブ」モデルは、1,010psだが、重量が90kg軽い。重量はGTモデルが1,400kgであるのに対し、クラブモデルは1,310kgと軽量だ。エンジンと組み合わされるのは、8速のシングルクラッチ式ギアボックスだ。

時速100km/hに達するまでの時間はGTが2.6秒、クラブが2.9秒とのことだ。ニュルブルクリンクのラップレコードを更新することも可能だという。

D12は、ドライバーと乗客が対になる型破りなシート配置で、スーパーカーに戦闘機のような様相を与えている。フランスのF1サーキット、マニクールでは、FIA世界選手権で16回の優勝経験を持つベテランレーサーたちが、D12のテストと開発を続けている。

delage d12 interior

DelageはD12を30台だけ製造したいとしているが、製造や納入の開始時期については明言していない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする