iOS 16.0.2がリリース、サードパーティー製アプリでカメラ機能に問題が起こる不具合を修正

Appleは、iPhoneユーザー向けにiOS 16.0.2アップデートをリリースした。このアップデートでは、主にiPhone 14 Proのカメラ関連の以下の不具合に対応している。

サードパーティ製アプリでカメラを使用すると、カメラの手ぶれ補正ユニットが誤作動を起こし、ガリガリ音を立て始める問題が複数報告されていた。これによってiPhoneのカメラが壊れる恐れもあったが、Appleは、ソフトウェアアップデートでこの問題を解決できると報告しており、本日そのアップデート、iOS 16.0.2がリリースされた。

また、このアップデートはまた、他の問題にも対処している。特に、いくつかのアプリケーションで何度も何度も表示されるコピー&ペーストの許可に関するプロンプトの問題も修正された。このアップデートは全てのiPhoneユーザーが利用できる。

このアップデートでは、以下を含む iPhone のバグフィックスと重要なセキュリティアップデートが提供されます。

iPhone 14 Pro および iPhone 14 Pro Max で一部の他社製アプリを使用して撮影すると、カメラが振動し、写真がぼやけることがある。

デバイスのセットアップ中にディスプレイが完全に黒く表示されることがある

アプリ間でコピー&ペーストを行うと、許可プロンプトが予想以上に表示される場合がある

再起動後にVoiceOverが使用できなくなることがある

一部のiPhone X、iPhone XR、iPhone 11のディスプレイで、整備後にタッチ入力が反応しなくなる問題に対処します

Appleソフトウェアアップデートのセキュリティ内容については、こちらのサイトをご覧ください。

https://support.apple.com/kb/HT201222

今回のアップデートは、特にiPhone 14 Proユーザーは、早めにアップデートをダウンロードすることをおすすめする。[設定]>[一般]>[ソフトウェアアップデート]と進み、iOS 16.0.2アップデートが表示されたら「ダウンロードしてインストール」をタップするだけだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする