ゲーム『サイバーパンク 2077』がアニメ『サイバーパンク:エッジランナーズ』のおかげでユーザー数が増加

(Image Credit: CD Projekt RED)

CD Projekt RED開発のSFオープンワールドゲーム『サイバーパンク2077』のプレイヤーが、ここ最近復活している。その理由のひとつは、Netflixが最近、日本のTRIGGERが製作を担当したアニメ『サイバーパンク:エッジランナーズ』が好評なことが大きいようだ。

開発元のCD Projekt REDは、この事実を確認し、早速感謝のツイートをしている。

同社によると、この1週間で100万人以上のプレイヤーが『サイバーパンク 2077』にログインしているとのことだ。実際に、Steamchartsで確認したところ、これは正確な数字だ。プレイヤー数はこの1週間で増加し、その間にゲームを購入した人もいるようだ。そして現在、ピーク時のプレイヤー数は86,000人となっている。

FireShot Capture 141 Cyberpunk 2077 Steam Charts steamcharts.com
(Image Credit: Steamcharts)

『サイバーパンク 2077』は、先日バージョン1.6(別称:Edgerunnersアップデート)にアップデートし、2週間ほど前に様々な新コンテンツや新機能を追加している。これらの機能には、クロスプログレッション、新しいクエストや武器、そして新しいイースターエッグや『サイバーパンク:エッジランナー』に関連するコンテンツが含まれている。こういった施策も奏功しているのだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする