地球には20,000,000,000,000匹のアリが生息し、その重量は野鳥と哺乳類の合計よりも重い

The Conversation

地球上には、いったいどれくらいの数のアリが生息しているのだろう?もしかしたら、違うかも知れないが、誰もが一度は考えたことがあるのではないだろうか。

本日発表された我々の研究によって、そのおおよその答えが明らかになった。この地球には、控えめに見積もっても約20京匹のアリが生息している。数字にすると20,000,000,000,000(20に0を15個)である。

さらに、世界中のアリを合計すると、約1,200万トンの乾燥炭素を構成していると推定される。これは、全世界の野鳥と野生の哺乳類を合わせた質量よりも多い。また、人間の総体重の約5分の1にも相当する。

著名な生物学者エドワード・O・ウィルソンは、昆虫や無脊椎動物を「世界を動かしている小さなもの」と言ったが、まさにその通りである。特にアリは、自然界で重要な役割を担っている。アリは、土壌の通気性を良くし、種子を散布し、有機物を分解し、他の動物の生息地を作り、食物連鎖の重要な部分を構成している。

アリの数と質量を推定することは、環境変化が懸念される中、アリの個体数をモニターするための重要なベースラインとなる。

file 20220918 29066 y4whhk
多くのアリ種は重要な種子散布者だ。
ここでは、2 匹の働きアリが巣に種を運んでいる(著者François Brassard氏提供)

世界のアリを数える

アリには15,700以上の種と亜種があり、まだ科学的に名前がつけられていない種も多くある。アリは高度な社会的組織化により、世界中のほぼすべての生態系と地域を植民地化することができた。

そのため、多くの博物学者がアリの正確な生息数を考えてきた。しかし、それは基本的に経験則に基づく推測である。しかし、それはあくまでも推測であり、体系的で証拠に基づいた推定はなされていない。

私たちは、世界中のアリ研究者が行ったアリの個体数に関する489件の研究を分析した。その中には、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、ポルトガル語など、英語以外の言語による文献も含まれている。

調査対象は全大陸に及び、森林、砂漠、草原、都市など主要な生息地が網羅されている。彼らは、アリを収集し、数えるために、落とし穴トラップや葉のごみサンプルなど、標準化された方法を使用した。ご想像のとおり、この作業はしばしば退屈なものだ。

file 20220918 47262 2jp0ey
研究者は、地面を這うアリを収集するための標準的な方法である落とし穴トラップを設置した(著者François Brassard氏提供)

これらのことから、地球上には約20京匹のアリがいると推定される。この数字は保守的ではあるが、これまでの推定値の2倍から20倍にもなる。

従来の推定値は、アリが世界の昆虫の約1%であるとするトップダウン方式であった。これに対し、今回の推計は、現地で直接観察したアリのデータを用い、仮定を少なくした「ボトムアップ」アプローチであるため、より信頼性が高い。

次に、アリの重さを調べた。生物の質量は、通常、炭素の組成で測定される。平均的な大きさのアリ20京匹は、約1200万トンの炭素の乾燥重量または「バイオマス」に相当すると推定された。

これは、野生の鳥類と哺乳類のバイオマスの合計よりも多く、人間のバイオマス全体の約20%に相当する。

炭素はアリの乾燥重量の約半分を占めている。他の元素の重量を含めれば、アリの質量はもっと大きくなる。

photo 1539545555026 ea9418026ac4?ixlib=rb 1.2

また、アリは地表に偏在していることもわかった。生息地によって6倍の差があり、一般に熱帯地方に多く分布していることもわかった。このことは、アリの個体群を健全に維持するためには、熱帯地域が重要であることを示唆している。

また、森林や、意外なことに乾燥地帯にも多く生息していた。しかし、人間が作った環境では、あまり見かけなくなる。

この調査結果には、いくつかの注意点がある。例えば、今回のデータセットでは、サンプリング地点が地理的に偏っている。また、サンプルの大半は地表から採取したもので、樹上や地中のアリの数についてはほとんど情報がない。つまり、今回の調査結果は、やや不完全なものである。

私たちは皆、アリを必要としている

アリは、人間にとっても重要な「生態系サービス」を提供している。例えば、最近の研究では、アリは農家の食料生産を助けるために農薬よりも効果的であることがわかった。

また、アリは他の生物と密接な関係を築いており、アリなしでは生きていけない種もいる。

例えば、ある種の鳥類は、アリを利用して獲物を洗い出している。また、何千種類もの植物が、アリを保護したり、種子を散布したりする代わりに、アリを餌にしたり、住まわせたりしている。また、多くのアリは捕食者であり、他の昆虫の個体数を抑制するのに役立っている。

file 20220918 15948 of2myk
紫色のリチドポネラアリが獲物をあごの間に運んでいる。
多くのアリは、他の昆虫の個体数を抑えるのに役立つ捕食者として機能する(著者François Brassard氏提供)

生息地の破壊や分断、化学物質の使用、外来種、気候変動などの脅威により、世界の昆虫の数が減少していることは驚くべきことだ。

しかし、昆虫の生物多様性に関するデータは驚くほど乏しい。今回の研究が、このギャップを埋めるためのさらなる研究のベースラインとなることを期待している。

アリの個体数を監視することは、人類の利益となる。アリの数を数えるのは難しいことではないし、世界中の市民科学者が、この重要な動物が大きな環境変化の中でどのような状況にあるのかを調査するのに役立つと思われる。

本記事はThe Conversationに掲載された記事「Earth harbours 20,000,000,000,000,000 ants – and they weigh more than wild birds and mammals combined」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする