iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max 海外先行レビューまとめ – ここ数年で最高のアップデート

いよいよ明日9月16日(金)発売となる、iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Maxだが、海外の一部メディアでは先行レビューが行われている。日本の一部メディアで見られるような(Appleから先行貸与を受けるための)提灯記事は少なく、わりと否定的な意見もあり、公平性の観点からも面白いのでご紹介しよう。

Dynamic Island(ダイナミックアイランド)

vlcsnap 2022 09 13 11h52m06s645

最大の変化とも言える「Dynamic Island」については、様々な意見がある。

Gizmodoはかなり高評価だ。ただ、アイランド領域が目立つ事は指摘している。

Dynamic Islandから同時に2つのアプリケーションにアクセスすることができます。タップして展開するだけです。このプロセスは非常にスムーズで、通知シェードを持つAndroidデバイスのように、何かにアクセスしようとするときにスワイプダウンを気にする必要がないのは嬉しいことです。また、バックグラウンドやヘッドフォンで再生されているものを判断するのにも使えます。

Appleには、画面のその部分を縮小して、何も表示されないようにする方法を考えてほしいですか?もちろんです。私はパンチングカメラの国から来たので、縦にスクロールしているときに画面の大部分を見ていることに慣れていることを思い出してください。横向きで使う場合、YouTubeなどのアプリは、Dynamic Islandが視界の一部を遮らないよう、ビデオをレターボックスで表示します。しかし、ポートレートモードでは、錠剤型のアイランドが非常に目立ちます。

Gizmodo

CNETの評価も上々だ。Dynamic Islandが、インカメラと統合されていることから、汚れがたまる可能性も考えられるが、それも特に問題ないとのこと。

しかし、この携帯電話を特徴づけているのは、その奇妙な名前のDynamic Islandなのです。14 Proと過ごす時間が長くなればなるほど、私はその楽しさを実感しました。数々の場面で活躍し、今やっていることから注意を完全に引き離すことなく、何が起こっているかを簡単に確認できる方法なのです。

(中略)

TrueDepthカメラに直接タップすることも、横にずらしてタップすることもできます。実際に使ってみたところ、自撮りカメラの上に汚れがたまることもなく、Face IDにも影響はなさそうです。

CNET

Endgadetでは、やはりその黒い穴が特にフルスクリーンで動画を見ているときに気になると言うことが指摘されている。

ノッチがなくなったということにはしないでおきましょう。上部のベゼルから伸びなくなったとはいえ、ここのカメラの穴は、Android携帯のものよりも大きいのです。その空間で何も起きていないとき、特にフルスクリーンの動画を見ていると、やはり穴は目立ちます。実際、iPhone 14とProを切り替えて使っても、大きな違いは感じられませんでした。それでも、カメラがソフトウェアによって常にカモフラージュされるようにすることで、Appleは偽のフルスクリーン体験を提供するだけでなく、それを有用であるかのように見せているのです。

(中略)

iPhone 14 Proが私の生活にどれほどの影響を与えるかは、1週間以上使ってみないとわからないが、今のところ、最大の効果はデザインです。Face IDでアプリやApple Payにサインインするときに錠剤が四角に変わるのを見たり、どこかにナビゲートするときに右折の矢印が表示されるのは、いい感じです。

Endgadget

The Vergeはかなり辛辣だ。Dynamic Islandのアイデア自体はいいが、Appleはやや目立つように作りすぎたのではないかとの意見だ。また、アプリによっては最適化されていないため、アイランド領域の下に隠れてしまい、結果的にユーザービリティの低下に繋がることも指摘している。ただし、今後は各種アプリの最適化が進むことで、より洗練されていくだろうともしている。

基調講演やすべての広告では、アイランドは対話する価値のあるものとして描かれています – 常に動き回り、メインビューと拡大ビューの間を行ったり来たりしているのです。しかし、実際にはまったくそうではありません

アイランドは主要なインターフェイス要素ではなく、実際に使用しているアプリの上に位置しており、アプリは依然としてiPhoneの主要なポイントです。実際、アイランドをタップしても、ウィジェットの拡張ビューは開かず、ウィジェットを制御しているどのアプリにでも切り替わるだけです。すべての広告に表示される拡張ウィジェットを取得するには、タップアンドホールドする必要があります。これは、私にとってまさに逆方向のように感じられます。私は、タップでウィジェットを開くべきだと思いますし、少なくとも2つの動作を選択できるようにするべきだと思います。

(中略)

しかし、アイランドがアニメーションで強調されるため、やはりずっと見てしまうのです。アップデートされていないアプリでは、ディスプレイの低い位置に表示されるため、コンテンツが隠れてしまうこともあります。つまり、現時点では、アイランドがどれだけ目立つか、どれだけ役に立つかというトレードオフが、少しアンバランスなのです。

とはいえ、このトレードオフは、今年後半にライブ・アクティビティAPIが公開されたときに完全に変化するかもしれません。LyftやFlightyなど、私たちが目にしたいくつかのコンセプトは、本当にエキサイティングなものです。しかし、今のところ、Dynamic Islandは、その重要性を知る前に、1年間の改良と開発者の注目を必要とするもののひとつだと感じています。

The Verge

常時表示ディスプレイ(AOD)

もう一つの大きな特徴が「常時表示ディスプレイ(AOD)」だろう。気になるのは、常時表示になることでのバッテリー消費への影響だが、そこら辺はどうだろうか?

The Vergeによると、常時表示ディスプレイによって若干バッテリーのもちが悪くなった気がするとのことだが、実際に計測したわけではないようだ。

Allison JohnsonはiPhone 14 Proを、Becca と私はiPhone 14 Pro Maxを試用しました。そして、バッテリー駆動時間は確かに一日もちましたが、3人ともバッテリーの減りが以前より少し早くなったような気がしました。公平を期すために、私たち3人は写真やビデオをたくさん撮って走り回って、この1週間狂ったようにこれらのスマートフォンを一般的にテストしていました。ただし、我々はそのように多くのスマートフォンをテストしていることは伝えておくべきでしょう。Appleは14 ProとPro Maxは13 Pro, Pro Maxよりもわずかに優れたバッテリ寿命を得ると主張していますが、14 Pro Max で 1 日を過ごすことができたので、常時オンのディスプレイが犠牲になったのかもしれません。 いずれにせよ、今後も注目していきたいところです。

The Verge

逆に、The Wall Street Journalでは、バッテリー持続時間への影響は感じられなかったという。

携帯電話を時計として使っている人にとっては、年間数千回の電話タップが節約できたと予測されます。しかも、バッテリー駆動時間にはほとんど影響がありません。実際の島でレビュービデオを撮影し、カメラとビデオをひたすら使い続けた過酷な1日の後、Proは午後7時30分ごろに電源が切れました。ディスプレイの常時点灯をオフにすれば、より多くの電池を節約することができます。

The Wall Street Journal

The Streetでも、同様にあまりバッテリー消費が増えた感じはしないとのことだ。

また、私がこれまでに行ったテストでは、AODを使用しても、14 Proや14 Pro Maxのバッテリー駆動時間や全体的なランタイムに悪影響はありませんでした。14 Proでは適度な使用で丸1日、サイズが大きくバッテリー容量も大きい14 Pro Maxでは同じ使用で1日と半日持ちます。Appleは特に、ディスプレイの効率的な演算子として設計されたコアを持つ新しいA16 Bionic内のいくつかの拡張を呼び出した。

それをまとめると。ダイナミックアイランドと常時点灯するディスプレイの組み合わせは、14 Proと14 Pro Maxを、iPhoneではしばらく実現できなかったような新鮮な感覚にしています。この2つは、ユーザー体験を大きく変え、間違いなくしばらくはこの2つが定着することを期待しています。新しいProの中でも、私の好きな点です。

The Street

Endgadgetでは、AODのその挙動について詳しく解説されている。ポケット内にあるときは当然のことながらオフになるとして、その他スリープモードや低電力モード等でもオフになるようだ。また、Apple Watchとの連携でも賢く動いてくれる。また、情報表示量が多いことが逆にあだになり、最初は操作ミスを連発したことも指摘されている。

最後に、現在ディスプレイの背後にある近接センサーを使用して、携帯電話を下向きにしたり、財布やポケットに入れたりした場合など、閉塞を検出すると 常時表示ディスプレイ(AOD) がオフになります。また、スリープモード中、低電力モード中、または CarPlay を使用しているときも無効になります。Apple では、これらの時間帯に AOD を確認する必要はないと考えているためです。macOS で連係カメラを使用している場合や、Apple Watch を装着していてスマートフォンから離れた場合など、その他のシナリオでは、AOD もオフになります。

(中略)

ロック画面とあまりに似ているため、時々混乱して、ディスプレイを消そうとして電源ボタンを押してしまうことがありました。また、カメラを使おうとして左にスワイプすると、ページがアクティブになると思っていたのに、実際にはAODがオンになって「スリープ」状態になっていたこともありました。しかし、最終的にはこれに慣れ、カメラにアクセスするためにスワイプする前にダブルタップすることを覚えました。

Endgadget

カメラ

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、48MPセンサーを搭載した新しいメインカメラなど、カメラの大幅なアップグレードを特徴としている。Appleはその後、ピクセルビニングを使用して、これらのピクセルを4つのグループに結合するが、Engadgetは、カメラのアップグレードについては、あまり評価していない。

実際、iPhone 14 Proと13 Proで撮った写真のほとんどは、基本的に見分けがつきません。新しいiPhoneで撮った写真は、明るいときもあれば、そうでないときもあります。13 Proは、より彩度の高い、よりクールな写真を撮ることができ、私は頻繁にその結果を好みました。

また、3機種とも、影の部分まで鮮明に再現することができました。シェルターの屋根を拡大すると、その内側の線がシャープに写る。望遠レンズで3倍まで拡大すると、iPhone 14 Proが最も明るい画像になりました。また、陸橋の下の落書きも、iPhone 14 Proが最も鮮やかに写っています。

しかし、時にはiPhone 14 Proが13 ProやPixelよりも悪い結果になることもあります。公園の写真では、14 Proの緑が最も彩度が低くなっています。一般的に、48MPセンサーのクアッドビニングは、少なくとも日中においては、画質を劇的に向上させるものではないようです。

低照度下でのカメラについても、同様のことが言えます。ある例では、iPhone 14 Proのショットが最も正確な色ときれいなディテールを持ち、葉の一つ一つの線を捉えることでPixel 6 Proを上回りました。しかし、薄暗いレストランにある明るいバーの写真では、Googleのフラッグシップモデルがより良い仕事をしました。棚に置かれた鉢植えの葉っぱの一枚一枚をはっきりと捉えていましたが、iPhone 14 Proで撮影すると、同じ部分が影に覆われてしまいました。

Endgadget
123e13b0 33ec 11ed adee 4758a509b8f8.cf
Cherlynn Low / Engadget
12428080 33ec 11ed aadd ff58f9d26f64
Cherlynn Low / Engadget

CNETによると、この結果、「明るく、画像ノイズが少なく、ディテールに優れた12メガピクセルの写真 」が得られるとのことだ。

メインカメラは素晴らしい写真が撮れます。携帯電話としては画質もディテールも素晴らしいです。最も向上したのは、中・低照度の状況です。色彩もよく、質感も素晴らしいです。下の写真は、サンフランシスコの霧のかかった朝に撮影したものです。建物のレンガの質感や、セールスフォース・タワーの頂上を包む霧を14 Proが緩やかに捉えていることに注目してください。

新しいiPhone 14シリーズには、全ての機種で背面に環境光センサーが搭載されている。これによって、ディスプレイの明るさを調整するだけでなく、カメラの露出を決定する事が出来る様になっているようだ。これによって、逆光時の露出決定などで有利に働く可能性があると言う。

新しいiPhoneの全モデルの背面には、ディスプレイの明るさを調整するだけでなく、カメラの露出を決定するためにも使用される環境光センサーが搭載されています。これは、大きな逆光の中に突然移動したり、そこから出たりするときに役立つことがあります。特にカメラとスクリーンの調整は、すでに既存のセンサーで十分にサポートされているため、これも検証的にテストすることは困難です。

TechCrunch

また、TechCrunchによると、低照度下での撮影性能はやはり向上が見られるようだ。

しかし、iPhone 14 Proに搭載された48MPカメラは、生のピクセル数で売るという罠にははまりません。その代わりに、クアッドベイヤー設計を採用し、4つの個別のピクセル検出素子を「ビン」に入れて、それらの情報を1つのメガピクセルにまとめ、低照度性能とノイズの少なさを向上させています

ナイトモードのRAW画像では、ディテールが大幅に向上しているのがおわかりいただけると思います。どちらも12MPで撮影していますので、「公平性」を保つことができます。

TechCrunch
NIGHT MODE RAW Apple iphone 14 Pro review
TechCrunch

パフォーマンス

Tom’s Guideは、ベンチマークテストの詳細を明らかにしている。iPhone 14 Pro および iPhone 14 Pro Max 内の新しい A16 Bionic チップと、iPhone 13 Pro MaxのA15 Bionicの比較が掲載されている。ここら辺は、既にリークされていた物と概ね同じ結果だ。

シングルコアスコアマルチコアスコア
iPhone 14 Pro MaxA16 Bionic1,8825,333
iPhone 13 Pro MaxA15 Bionic1,7204,549

3D Markベンチマークテストの結果は以下の通りだ。

シングルコアスコアマルチコアスコア
iPhone 14 Pro MaxA16 Bionic12,36374
iPhone 13 Pro MaxA15 Bionic11,41868.3

TechCrunchによるベンチマークテストも以下のような結果になっている。

Screen Shot 2022 09 14 at 8.56.30 AM

ディスプレイ

Tom’s Guideでは、新しいディスプレイについて、輝度や発色についてテストを行っている。輝度は上がっているが、色精度はiPhone 13 Pro Maxよりも若干低下が見られるとのことだ。

私たちのラボテストでは、iPhone 14 Pro MaxはHDRコンテンツで最大1,565nitsに達し、これはAppleの主張に非常に近いものでした。そしてこのパネルは、sRGB色域の117.5%、DCI-P3色空間の83.2%というスコアを記録しました。色精度の色差ΔEは0.26で、0がパーフェクトです。

これに対し、iPhone 13 Pro Maxは、我々のテストで最大1,040nitsを記録し、sRGBとDCI-P3のテストで109.3%と77.4%のスコアを記録しました。色精度は色差ΔEの評価が0.21だった。つまり、iPhone 14 Pro Maxは、色差ΔEはiPhone 13 Pro Maxにわずかに及ばなかったものの、全体的に優れた画面を持っているのです。

Galaxy S22 Ultraは、HDRコンテンツで1,359nitに達し、sRGBとDCI-P3で137.5%と97.4%を記録した。そして、その色差ΔEの評価は0.25であった。そのため、Samsungのパネルはよりカラフルだが、少し薄暗いということになる。

Tom’s Guide

ディスプレイの評価は、先ほどまで辛辣だったThe Vergeも概ね高評価だ。

その他、ディスプレイは従来よりも若干明るくなり、HDRコンテンツ表示時には1,200nitsから1,600nitsのピーク輝度を達成し、明るい太陽光の下では2,000nitsまで上げることが可能です。また、13 Proに搭載された120HzのProMotion機能はそのまま引き継がれ、スムーズなスクロールとインタラクションを実現しています。私は以前から、Appleのモバイルディスプレイは一貫して業界最高だと考えていましたが、ここでもそれは変わりません。

The Verge

Endgadgetは明るくなったディスプレイもあまり差が見られなかったとしている。

Appleディスプレイをより明るくしました。屋外では最大 2,000 ニット、屋内では HDR ビデオの再生時に最大 1,600 ニットを達成できます。13 Pro よりも iPhone 14 Pro の方が少し読みやすかったですが、大きな違いはありませんでした。

Endgadget

Inputでは、最大輝度の増加は高評価だが、比較対象がiPhone 12 Proなので、より顕著に見えるのだろう。

HDRコンテンツに1,600nitsのピーク輝度が本当に必要な人がいるとは言えませんが、屋外用の2,000nitsは画期的なものです。iPhone 14 Proのディスプレイは、私のiPhone 12 Proと比較して、直射日光下でもはるかに鮮明です。私は、Very Important Tweetsを見るために日陰に逃げ込む必要はありませんでした。

Input

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする