あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleフォトの思い出機能とデザインが一新

Google フォトは、あなたの大切な思い出をより美しく表示するために、そのデザインを一新した。新しいインタラクション、思い出の種類、思い出の共有機能を搭載し、また、新しいコラージュエディタとスタイル機能により、画像の整理がしやすくなっている。

この追加機能は、2019年に初めて導入されたGoogleフォトの「思い出」機能のより大規模なアップグレードの一部である。

InstagramストーリーとFacebookメモリーのようなものを組み合わせたGoogleフォトの思い出は、同様にアプリのメイン画面の上部、つまりソーシャルアプリではストーリーがよく見られる場所にコレクションとして整理され、ユーザーが自分の古い写真を振り返る手助けになる。昨年、Googleフォトは、写真全体のパターンを識別する機械学習技術を使用して思い出をアップグレードし、イベントや休日などを強調するものなど、他のタイプの思い出を追加しまた。

そして今回、Googleは思い出のデザインを再び見直し、より多くの動画を体験できるようにします。

Googleによると、この機能強化の一環として、機械学習を利用して、長い動画から最適なスニペットを自動的に選択し、トリミングするとのことだ。

今回の変更は、ユーザーの間で動画の利用が増加していることを受けて行われた。Metaは今年初め、リールがユーザーがInstagramに費やした時間の20%を占めていたと述べ、ビデオ全体は、ユーザーがFacebookに費やした時間の50%を占めている。 Googleフォトも同じような傾向になっている。

Googleフォトのアップデート版では、より多くのメモリーに音楽を追加したり、視覚効果機能「シネマティックフォト」で複数の静止画を音楽に合わせたりするなど、音楽との連携も強化される予定だ。2020年に登場したシネマティックフォトは、機械学習を活用して画像の奥行きを予測し、滑らかなパンニング効果をアニメーション化することで、写真の3Dバージョンを作成するものだ。その後、このエフェクトを拡張し、シネマティックモーメントと呼ばれるつなぎ合わせた写真も、より3Dに近い画像に見えるようになった。

本日のアップデートでは、クリエイティビティとソーシャルシェアの強化に焦点を当てたもう一つの新機能が追加された。

この新機能には「スタイル」が含まれ、カラフルな背景の上に写真を配置するなどして、思い出にグラフィックアートを自動的に追加することができる。この機能には、アーティストのShantell MartinとLisa Congdonが参加しているようだ。

米国では、Pinterestの新しいコラージュアプリ「Shuffles」の人気が伸びているようだが、Googleフォトはこのトレンドに乗り、ユーザーがデザインを選択し、写真を選んで編集し、ドラッグ&ドロップ操作でレイアウトを変更できる、独自のコラージュエディタを提供する予定とのことだ。

05 Collage Editor Blog v001 1
新しいコラージュ エディターを使用すると、ドラッグ アンド ドロップで楽しくスクラップブック風のレイアウトに出来る
(Image Credits: Google)

また、フォトメモリーを友人や家族と共有できるようになり、Androidを皮切りに、iOSやWebにも対応する。

今回のアップデートでメモリーがより動画偏重になったことで、一部のユーザーは、個人的でプライベートなTikTokのように感じられるようになった可能性がありそうだ。

このアップデートは本日、Googleフォトとそのモバイルアプリに展開されている。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA