Robloxは、ボイス チャット、忠実度の高いアバター、年齢の推奨を展開している

Robloxは、開発者カンファレンス「Roblox Developments Conference(RDC)2022」において、同社の人気ソーシャルゲーム・プラットフォームの将来のビジョンを発表し、コミュニティを成長させるための施策を発表した。

ボイスチャットを展開

Robloxは、同社のユーザー作成コンテンツプラットフォームにおいて、13歳以上を対象としてボイスチャット機能の追加を展開すると発表した。

同社は、プレイヤーのために有意義なつながりを作り出すことを信条としており、現実世界でのあらゆるコミュニケーション方法をRoblox上で反映することを目指している。

これまではテキストチャットによって、ユーザーが他のユーザーとテキストでコミュニケーションをとることが可能であり、ゲームでの体験向上に寄与していた。今後プレイヤーは、Roblox上で、物理的な世界と同じように自然に音声でコミュニケーションをとることができるようになる、と同社は述べている。Robloxのデイリーアクティブユーザーが5,220万人であることを考えると、これはかなり大きな技術的達成といえるだろう。

Robloxは、13歳未満のユーザーのためにはテキストチャットを維持し、子供のためのチャットフィルターを設置する。新しいボイスチャットでは、年齢認証された13歳以上のユーザーは、チャットフィルターが軽減され、友人とより自由にコミュニケーションできるようになるとのことだ。

友達を探す

Mermaids Life

今年後半に登場する「Contact Import」の導入によって、13以上のユーザーが連絡先に保存している名前で相手を見つけることが可能になる。

また、RDCでは、Robloxのアバターの表現力を高めるいくつかの革新的な機能を発表している。

Robloxでは、アバターがあなたのアイデンティティとなる。アバターには忠実な人体シミュレーションが施され、人々は自分の個性を表現し、Roblox上の友人とより有意義なつながりを持つことができるようになった。アバターの頭部は表情豊かになり、笑顔やウィンクをすることができるという。

Robloxでは近日中に、アバターを使って他の人とチャットする機能をリリースする予定だ。ユーザーは自分の顔をカメラで撮影しながら取り込むことで、アニメーション化されたアバターに変換され、リアルタイムに顔の表情を読み取って表現することが可能になるという。また、リアルタイムな音声コミュニケーションとあいまって、より優れたコミュニケーション体験へと繋がるだろう。

Robloxは最近、Animation Creator for EmotesとAnimation Creator for Facesのベータ版をStudioで展開した。Animation Creator for Emotesは、Studioでカスタムフルボディアニメーションを作成するための新しいソリューションだ。Animation Creator for Facesは、タイムライン上でユニークな表現を作成・保存し、より簡単にアバターヘッドのアニメーションを作成することができる。

RDCでは、マーケットプレイスでFacial Animationを発表している。Studioについては、Robloxは、無料の開発者用Studioを刷新し、開発者とクリエイターの体験を大幅に改善したとのことだ。

成長するユーザーコミュニティ

roblox Community Space

Robloxは、クリエイターのコンテンツと世界中の多くのユーザーをつなぐプラットフォームだ。このように、世界中のユーザーが多様化する中で、ユーザーが好む体験やアイテムを見つける方法を増やすことが重要となってくる。

そのために、視聴者に最も適したコンテンツを配信する、パーソナライズされたオススメ機能を構築することを目指している。

ユーザーの増加に伴い、Robloxはエクスペリエンス・ガイドラインと呼ばれる年齢別の推奨コンテンツを導入し、すべてのユーザーが対話するコンテンツについて十分な情報を得た上で決定できるようにしている。

エクスペリエンス ガイドラインにより、クリエーターは、年齢の妥当性に基づいて適切なユーザーにリーチする素晴らしい作品を自由に作成できる。

同社は、エクスペリエンス・ガイドラインがユーザーと保護者にとって有益なものであることを望んでいる。これらの年齢別の推奨は、子どもの発達研究と業界標準に基づいて作られているとのことだ。

この年齢による推奨に基づき、保護者は、年齢ごとにアカウントアクセスを制限する新しいペアレンタルコントロールを使用することができ、最終的に、子供にとって何が適切か(したがって体験可能か、推奨されるか)を決定し管理することができるようになるとのことだ。

デベロッパー、クリエイター、ブランドが収益化するために

roblox Knossos Palace

また、Robloxはすべての開発者、クリエイター、ブランド向けに収益化を拡大している。没入型広告は、Robloxの体験の中にある魅力的なネイティブ広告で、ブランドや開発者は、楽しく、適切で、安全な方法で、メタバースのオーディエンスに大規模にリーチすることができる。

Robloxは、この没入型広告によって、ブランドがメタバースにおいて関連性を持つための新たな方法が提供されると述べている。ブランドと開発者は、オーディエンスにリーチし、影響を与えることができるようになる。

これまでは、クリエイターがゲーム内通貨Robuxを使ってバナー広告を購入し、プレイヤーが自分のゲームを訪問してプレイするよう誘導するために、しばしば無意味なミームのような作品を作っていた。だが、現在有名ブランドもRobloxに参入し、開発者と協力してカスタム体験を作成している。Gucci TownやSpotify Island、さらにはChipotleのバーチャルレストランなどがある。

一方、新しい広告システムは、ブランドがインタラクティブなビルボードやポスターなどを通じてRobloxの体験に広告を出すことができるのだ。この新しい広告システムは、まず選ばれた企業や開発者のグループと協力し、クリエイターが3D広告をスポーツスタジアムのビルボードやゲーム中のタクシーの上など、自分たちの体験にドロップし、広告収入の一部を受け取ることができるようになる。ユーザーが作成した体験の中に広告を掲載するだけでなく、ブランドは、ゲーム間のトンネルのような役割を果たす「ポータル」を設置し、プレイヤーを靴屋やコーヒーショップなどRobloxの新しいブランドエリアに移動させることができるようになる予定だ。同社は、年内に没入型広告のテストを開始し、来年には本格的な展開を予定している。

マーケットプレイスのビジョンは、完全なUGC(User Generated Contents=ユーザー生成コンテンツ) で、希少性によって駆動する現実世界を反映した健全な市場力学を持ち、どんなクリエイターも稼いで成功するビジネスを作ることができ、ユーザーは自分に合ったマーケットプレイスで発見、購入、販売、取引できるようになります。

完全なUGCマーケットプレイスを採用することに加え、このマーケットプレイスのビジョンは、すべてのアイテムが限定され、二次市場がオープンであるという希少性によって駆動する健全な市場力学を持つことだ。

同社は、この勢いに乗って、コミュニティが成功するビジネスを生み出すための新しい仕組みと機会を追加していくと述べている。クリエイターは、最初の販売に加え、すべての転売とトレードの収益分配を得る機会を得ることができる。

ユーザーは、自分好みのアイテムを発見することができ、また、自分用にカスタマイズされたマーケットプレイスで売買や取引を行うことができるようになる。6月に約270万人のクリエイターがRobuxを獲得し、2021年にはコミュニティが5億3830万ドルを獲得している。

Robloxでは、現在、13歳以上のユーザーがRobloxコミュニティの半数以上を占め、ほぼ半数が女性となっている。最も急速に成長している層は、男女ともに17歳から24歳とのことだ。だが、逆に言えば、12歳以下の子供が半数を占めている希有なプラットフォームとも言える。Robloxでは、彼らが大人になることまでも視野に入れながら、長期的な視点で運営を行っている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする