ここ数年で最も重要な暗号通貨イベントが始まろうとしている

The Conversation

Facts First“はCNNのブランディングキャンペーンのキャッチフレーズで、”事実が確立されれば、意見が形成される“と主張している。問題は、論理的に聞こえるが、この魅力的な主張は、研究によって裏付けられていない誤りであるということだ。

認知心理学や神経科学の研究によると、政治に関しては正反対のことがしばしば起こることが分かっている。人々は、事実よりも、恐怖、軽蔑、怒りなどの感情に基づいて意見を形成する。新しい事実があっても、人々の心は変わらないことが多いのだ

私は、人間開発、公衆衛生、行動変容を研究している。その中で、自分の信念に反する新しい情報に出会ったとき、その人の心や行動を変えることがいかに難しいか、身をもって感じている。

信念や意見を含む世界観は、特定の文化的背景の中で社会化され、幼少期に形成され始める。それは、あなたが所属する社会集団や、消費するメディア、さらにはあなたの脳の働きによって、時とともに強化されていく。そしてそれは、あなたが自分自身をどのように考え、世界とどのように相互作用するかに影響を及ぼしているのだ。

なぜ暗号通貨は公害になるのか?

暗号通貨は、人々がオンラインで直接支払いを行うデジタル通貨システムだ。

従来の通貨とは異なり、暗号通貨は中央銀行のような単一の場所で管理されているわけではない。その代わりに、高性能コンピュータの分散型グローバルネットワークである「ブロックチェーン」によって管理される。これらのコンピュータは「マイナー(採掘者)」と呼ばれる。

オーストラリア準備銀行は、この仕組みを簡単に説明している(簡潔にするために編集している)。

アリスが1単位の暗号通貨をボブに送金したいとします。アリスは自分の指示を書いた電子メッセージをネットワークに送信することで取引を開始し、すべてのユーザーがそのメッセージを見ることができます。

その取引は他の最近の取引のグループと一緒に置かれ、最近の取引のブロック(またはグループ)にまとめられるのを待っています。ブロックの情報は暗号化され、採掘者はその暗号を解いて新しい取引のブロックをブロックチェーンに追加するために競争します。

採掘者が暗号を解くことに成功すると、ネットワークの他の利用者がその解を確認し、それが有効であるという合意に達します。新しい取引ブロックはブロックチェーンの末尾に追加され、アリスの取引は確認が取れるのです。

ほとんどの暗号通貨で採用されているこのプロセスは、「プルーフ・オブ・ワーク・マイニング」と呼ばれている。設計の中心的な特徴は、実行するために多くのコンピュータ時間、そして膨大な電力を必要とする計算を使用することだ。

ビットコインだけで、年間約150テラワット時の電力を消費している。そのエネルギーを生産するために、年間約6500万トンの二酸化炭素が大気中に排出されており、これはギリシャの排出量とほぼ同じである

調査によると、ビットコインは昨年、将来的に約19,000人が死亡する原因に相当する排出量を生み出しているとのことだ。

file 20220905 26 uwmair

プルーフ・オブ・ワーク方式は、意図的にエネルギーを浪費している。ブロックチェーンのデータには、本来何の意味もないのだ。その唯一の目的は、新しい暗号コインを割り当てるための基礎となる、難しいが無意味な計算を記録することである。

暗号通貨を支持する人々は、膨大なエネルギー消費に対して様々な言い訳をしてきたが、どれも精査に耐えるものではない。

例えば、暗号通貨の二酸化炭素排出量を正当化するために、一部の採掘者は再生可能エネルギーを使用していると言う人もいる。しかし、そうすることで、他の潜在的なエネルギー利用者(中には石炭やガスによる火力発電を利用しなければならない人もいる)を置き去りにしてしまう可能性があるのだ。

しかし今、ビットコインのライバルとして最も成功しているイーサリアムが、その方針を変えようとしている。今月、イーサリアムはそのコンピューティング技術を、より汚染度の低いものに切り替えることを約束した

photo 1611273426858 450d8e3c9fce?ixlib=rb 1.2
Image Credit: Chris LeBoutillier

切り替えの内容

イーサリアムのプロジェクトでは、「プルーフ・オブ・ワーク」というモデルを捨て、「プルーフ・オブ・ステーク」という新しいモデルに変更します。

このモデルでは、暗号トランザクションはユーザーによって検証され、ユーザーは担保として相当量のブロックチェーントークン(この場合、イーサリアムコイン)を賭ける。もしユーザーが不正な行動をとれば、その賭け金を失うことになる。

重要なのは、現在取引のチェックに使われている膨大なスーパーコンピューターのネットワークが不要になることだ。ユーザー自身がチェックするのだから、比較的簡単な作業だ。コンピュータの「マイナー」がいなくなることで、イーサリアムの電力使用量は99%減少すると試算されている

小規模な暗号通貨の中には、Cardanoプラットフォームで取引されているAdaコインなど、「プルーフ・オブ・ステーク」を採用しているものもあるが、どれも規模の小さい物だった。

過去1年間、イーサリアムは実験的なブロックチェーンで新しいモデルを動かしてきた。しかし今月、このモデルはメインプラットフォームに統合される予定だ。

photo 1634704760994 96e3ccf2ae85?ixlib=rb 1.2

暗号通貨が隠れる場所はない

では、これらのことは何を意味するのだろうか。イーサリアムの実験は、例えば一部の関係者がシステムを操作する方法を見つけた場合、失敗する可能性がある。しかし、もしこの実験が成功すれば、ビットコインや他の暗号通貨はプルーフ・オブ・ワーク方式を放棄するか、さもなければ閉鎖するよう迫られることになるだろう。

この圧力はすでに始まっている。テスラの創業者イーロン・マスクは昨年、電気自動車の購入にビットコインを使用しないことを発表した。

ニューヨーク州議会は6月に、炭素系電力を使用する一部のビットコイン事業を禁止する法案を可決した。(ただし、この決定にはニューヨーク州知事のサインが必要で、拒否権が発動される可能性がある)。

そして今年3月、欧州議会はプルーフ・オブ・ワークモデルを禁止する提案について投票を行った。この提案は否決された。しかし、ヨーロッパが涼しい季節に向かい、ロシアのガス供給に対する制裁に端を発したエネルギー危機に取り組む中、エネルギーを大量に消費する暗号通貨は、引き続き戦線に立たされることになるだろう。

世界的な排出量削減の必要性がますます高まる中、暗号通貨がエネルギーを大量に消費していることの言い訳は尽きてしまうだろう。

本記事はThe Conversationに掲載された記事「The most important cryptocurrency event in years is about to begin – and the biggest windfall goes to the planet」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

著者紹介
john quiggin 1306890943

Professor John Quiggin

Professor, School of Economics, The University of Queensland

オーストラリアの経済学者で、クイーンズランド大学教授、オーストラリア政府気候変動局元メンバー。

1993年にオーストラリア社会科学アカデミーメダル、1996年にフェローシップ、1997年と2000年にオーストラリア行政学会のサム・リチャードソン賞、2001年にオーストラリア農業経済学会編集者賞、2002年にオーストラリア会社役員協会フェローシップ、2004年にオーストラリア農業資源経済学会の特別フェローシップを授与されている。2011年にはオーストラリア経済学会のDistinguished Fellow Awardを受賞。

著書やブログも多数あり、近著に『Economics in Two Lessons:Why Markets Work So Well, and Why They Can Fail So Badly』(プリンストン大学出版局)を2019年4月に出版した。

経歴

  • ~現在 オーストラリア研究評議会フェデレーションフェロー、クイーンズランド大学
  • 2000–2002 オーストラリア国立大学研究評議会シニアフェロー
  • 1998–1999 ジェームズ・クック大学 オーストラリア研究会議シニアフェロー
  • 1996–1997 ジェームズ・クック大学経済学部教授
  • 1995–1996 オーストラリア国立大学経済政策研究センター教授
  • 1993–1994 オーストラリア国立大学経済政策研究センター シニアフェロー

学歴

  • 1988 ニューイングランド大学 PhD
  • 1984 オーストラリア国立大学、MEc(コースワークと論文)
  • 1980 オーストラリア国立大学、BEc(経済学1級優等)取得
  • 1978 オーストラリア国立大学卒業(数学で1級優等学位取得)

Twitter:@JohnQuiggin

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする