Appleは少なくとも3つのヘッドセットデバイス開発に取り組んでおり、第一弾は2023年に出る可能性

スポンサーリンク

Apple関連のアナリストで、内部情報に詳しいBloombergのMark Gurman氏が、今週行われるAppleの「Far out.」イベントに先立って、新たな情報をいくつか共有している。

その記事の中で、Appleの長年噂されてきたVRヘッドセットとARグラスについて、少なくとも3つのヘッドマウント・デバイスが開発中であると述べている。

Appleの拡張現実と仮想現実対応デバイスの開発については、何年も前から噂が流れており、ヘッドセットやApple Glassとされるものが同社で開発中であることが語られてきた。

記事を執筆したMark Gurman氏のによると、AppleはARとVRの種類の少なくとも3つのヘッドセットに取り組んでおり、これらは、”N301″、”N421″、”N602 “というコードで呼ばれているようだ。

1x 1
Reality One の商標出願(Credit: US Patent and Trademark Office)

N301は、8月下旬に商標出願で浮上したヘッドセットの名称「Apple Reality Pro」だと言われている。そのヘッドセットは、Meta Quest Proに対抗する複合現実ヘッドセットで、2023年に発売される可能性があると予想されている。

N602はどうやら第2世代のリリースになるようで、2つのバリエーションで展開されるようだ。1つは最初「Apple Reality Pro」のモデルがアップグレードされたもの。もう1つはより低価格の普及価格帯の製品となる。

3つ目のN421は、ヘッドセットではなく、スマートグラスのApple Glassのアイデアに近いものになる。

現在、“高度な”開発段階にあると予想されるAppleの最初のヘッドセットは、一対の4K OLEDディスプレイ、外側に点在する15のカメラモジュール、アイトラッキングとハンドジェスチャーへのサポートの可能性が示唆されている。また、第一弾は高価なヘッドセットになる可能性があり、価格は最大で3,000ドルとの話も出ている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA