サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

Kingstonが新たにAMD EXPO認定の「DDR5 FURY Beast」メモリを発表

コンピュータ・ストレージとメモリメーカーであるKingston Technologyは、DDR5 FURY Beastメモリ・シリーズにAMD EXPO認証が追加されたことを発表した。

Source

Kingstonは、ゲーマー、エンスージアスト、および企業向けにメモリの販売を行っているが、同社のKingston FURY Beast DDR5メモリがAMDにより先日発表された、「AMD EXPO」メモリオーバークロックテクノロジーの認証を獲得した。

これにより、同社のメモリモジュールとキットのオーバークロック仕様が新たに強化され、AMDの次世代AM5プラットフォームを完全にサポートすることが可能になった。この対応メモリは、最大2つの工場出荷時のプロファイルと1つのカスタマイズされたユーザープロファイルを使用することができるようになる。

Kingston FURY Beast DDR5メモリの特徴

  • 4800MT/s以上の転送速度を実現
  • オーバークロック時の安定性向上
  • 効率性の向上
  • Intel XMP 3.0-Readyおよび認証済み
  • 世界の主要なマザーボード・メーカーの認定を取得
  • 4800MT/sでプラグアンドプレイ
  • ロープロファイル・ヒートスプレッダ・デザイン
ktc keyfeatures memory beast ddr5 2 lg

AMD EXPO認定のKingston FURY Beast DDR5およびKingston FURY Beast DDR5 RGBは2022年9月末に発売予定で、16GBシングルモジュールと32GBキット(2×16)で提供される。すべてのKingstonメモリ・モジュールには、生涯限定保証とKingstonの信頼性が付属する。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする