サーバーの移行が完了致しました。移行中は度々の障害によりアクセス出来ずご迷惑をおかけ致しました。

Intel Arc A770がレイトレーシングベンチマークテストでNVIDIA RTX 3060を上回る性能を示す

IntelはArc Alchemistグラフィックスカードを支えるレイトレーシング技術に焦点を当てた新しいビデオを公開した。Arc A770はまだその実力を明らかにしていないが、発売が迫るグラフィックカードは最高のグラフィックカードの列に名を連ねることを目的として開発が進められている。

これまで、IntelのArc A380は既に発売されており(日本では未発売)、どの程度の性能があるのかは明らかになっていたが、Arc A380はエントリーレベルのSKUで、わずか8個のレイトレーシングユニット(RTU)を備えているのに対し、Arc A770はフラッグシップモデルとなり、32個のRTUを備えたものとなる。Intelは、ArcがNVIDIAの第2世代RTコアであるAmpereと同等かそれ以上であると主張しており、Arc A770の性能は興味深い物だ。

AMDのRay AcceleratorsやRX 6000シリーズのGPUとは異なり、Arcは完全なレイトレーシングのアクセラレーションを備えている。AMDは、テクスチャユニットを使って、4ボックス/サイクルで、レイ/ボックスのBVHインターセクションを行なう。IntelはBVHトラバーサルをハードウェアで行い、1サイクルあたり12レイ/ボックスの交差を行うことが可能だ。それ以上は、AMDもIntelも、1サイクルあたり1レイ/トライアングル交差を、1コアあたりで実行できる。NVIDIAはAmpereでRTコアあたり2倍のレイ/トライアングル交差を行うことができるが、レイ/ボックスのレートがTuringとAmpereのどちらであるかは正確には分からない。

Intelは、BVHキャッシュの詳細を説明し、BVHトラバーサルをさらに高速化するとしている。また、RTUにはThread Sorting Unitがあり、レイトレーシングの結果を複雑さに応じてグループ化し、GPUシェーダコアの利用を最大化させる。しかし、実際のゲームの世界ではどうだろうか。

Intelのベンチマークによると、Arc A770は、1080p(1920×1080)のウルトラ設定でGeForce RTX 3060よりも優れたレイトレーシング性能を発揮した。Alchemistは、1.04倍から1.56倍の間でAmpereを上回っている。Arc A770は、F1 2022、Guardians of the Galaxy、Battlefield V、Deathloopの4タイトルでGeForce RTX 3060に負けただけでした。The DioField Chronicleでは、IntelのグラフィックカードがGeForce RTX 3060と同点となっている。

1080p gaming ray tracing 1024x576 1
Arc A770のレイトレーシング性能 1080p (Image credit: Intel)

レイトレーシングは、解像度が上がるに連れて負荷も増えていく。その結果、解像度を上げるとパフォーマンスが低下してしまうのだ。そこで、IntelのXeSS AIアップスケーリングテクノロジーが活かされるのだ。IntelのXeSS 1440pテストでは、レイトレーシングを最大に設定し、可能な限り高い設定を使用した。

1440p gaming ray tracing
Arc A770のレイトレーシング性能 XeSS 1440p (Image credit: Intel)

XeSSがオフの状態では、Arc A770は、Ghostwire TokyoやHitman 3といったタイトルで40FPSを超えるフレームレートを実現するのに苦労していた。 しかし、XeSSを有効にしてバランスプリセットを設定すると、Arc A770はGhostwire Tokyoで1.77倍、Hitman 3で1.61倍ものパフォーマンスを示したのである。ただし、これはバランス型プリセットでの話だ。つまり、見た目の美しさよりもパフォーマンスを重視するのであれば、XeSSのパフォーマンス設定を行うことでさらにパフォーマンスを高めることができる。

XeSSをパフォーマンスプリセットに設定した場合、Arc A770はGhostwire TokyoとHitman 3で2倍以上のフレームレートを実現した。このグラフィックスカードは、シャドウ オブ ザ トゥームレイダー、Arcadegeddon、The DioField Chronicleなどの他のテストタイトルでも、目に見えて性能が向上している(最大1.68倍)。

遅延がなければ、Arc A770は年内に発売されると思われる。Intelは、このグラフィックスカードの価格について明らかにしていないが、噂では、Arc A770の価格が400ドル程度になると言われている。RTX 3060の公式希望小売価格がわずか330ドルであることを考えると、それは理にかなっている。今後は、Ada Lovelaceが登場することで、GPUの価格が下がり続けるのを見ることができるかも知れない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする