テンセントとソニーがフロム・ソフトウェアの株式を取得

Credit: FromSoftware

ELDEN RING』や『Dark Souls』を開発したFrom Softwareについて、親会社の株式会社KADOKAWAは、TencentSony Interective Entertainmentに対し、新たに自社株を発行することを決定した。

これは、Activision Blizzardのような完全な買収ではない。その代わり、2社合計でFrom Softwareの株式の30%を所有することになり、Tencentの子会社であるSixjoy Hong Kongは16%、SIEは14%を所有することになる。この後、Tencentは第2位の株主となる。残りの69%はKADOKAWAが保有し、筆頭株主の座を維持する。

この2社に株式を提供する理由について、KADOKAWAはプレスリリースで、開発の選択肢を広げるため、”第三者割当による資金調達の実施 “に踏み切ったと述べている。Tencentの “モバイルゲームをはじめとするネットワーク技術を世界市場で開発・展開できる強み”、Sonyの “ゲーム、映像、その他様々なメディアにおけるIPを世界市場で展開できる強み “を挙げている。

両社はこれまでにも大規模な買収を繰り返してきた。今年だけでも、SonyはBungie、Haven Studios、Savage Gamesを買収している。Tencentは今年初め、1C EntertainmentとInflexion Gamesの株式の過半数を取得した。また、昨年末にはTurtle Rock Gamesを買収している。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする