ソニー、9月から129製品の再値上げを発表。値上げ幅は平均8%

ソニーグループの販売子会社ソニーマーケティングは24日、デジタル一眼カメラやブルーレイディスクレコーダーなど129製品について、出荷価格や希望小売価格を9月1日から平均で約8%引き上げることを発表した。値上げの理由は、原材料や物流コストが上昇しているためとのこと。同社は、4月にも音響機器など109製品の出荷価格を約3~31%引き上げていた。

Source

対象となる製品は、ブルーレイディスクレコーダーやデジタルカメラ、また、カメラのレンズや携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」なども含まれている。

個別の引き上げ率は明らかにしていない。実際に販売価格がどの程度上がるのかは、販売店の判断もありわからないという。

対象製品のリストはこちら(PDF)

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする