「死ぬ前にもう一度MMORPGを“ゼロから”作りたい」FF14プロデューサー吉田直樹氏が語る

Final Fantasy XVI 16

Final Fantasy XIV、そして、現在開発中のFinal Fantasy XVIのディレクターである吉田直樹氏は、死ぬ前にもう1つ MMORPG を「ゼロから」作りたいと考えているとのことだ。

これは、吉田氏が海外メディア「Inverse」とのインタビューで、これまでのFF14での苦労や、仕事についての姿勢、そして今後のゲーム業界の展望について語っている。その中で、語ったのが以下の内容だ。

「私はゲームデザイナーなので、常にゲームのアイデアをいくつも持っています。ここでは話せませんが、それはどのゲームデザイナーにも言えることだと思います。」と吉田氏は言う。「私はゲームが作れればそれでいいというタイプなので、特にないのですが、死ぬまでにもう1タイトル、MMORPGをゼロから作りたいと思うことがあります。」

Inverse

ファイナルファンタジーXIVのコミュニティでは「吉P」の愛称で親しまれている吉田氏は、新しいMMORPGにどのようなアイデアを求めるか(あるいはファイナルファンタジー・ブランドのプロジェクトにするかどうか)については具体的に言及していないが、インタビューではMMOとオンラインゲーム全般の将来像について想像を巡らせている。例えば、量子コンピュータは、今後5年から10年の間に、このジャンルやビデオゲーム全般に大きな影響を与える可能性があると吉田氏は述べている。

「今後10年で考えると、VRチップなどの新しいデバイスの開発・普及により、画期的なゲーム体験ができるようになるかもしれませんね。もう少し早く実現できると思っていましたが、Covid-19の大流行による半導体の不足などで、数年遅れているのかもしれません。」

また、吉田氏は、量子コンピュータの普及が、今後5年から10年の間に、ゲーム開発に劇的な影響を与え、現実世界と仮想世界の境界を曖昧にする可能性があると見ている。

「これによって、サーバーの性能やシミュレーションできる要素が飛躍的に向上します。そうすると、現実に近い生活世界を作ることができたり、実際のネット上の世界を作るような新しい発想が生まれるかもしれません」と説明します。「ゲームの開発スタイルが大きく変わり、ゲームだけでなく日常生活そのものに大きな転機が訪れる可能性があるでしょう。」

Inverse

Final Fantasyシリーズは、今年35周年を迎え、今後発売される『Final Fantasy XVI』についても期待がかかっている。

特に、2016年に発売された『Final Fantasy XV』は、最終的には売上が1,000万本を超えたが、発売当時からかなり様々な(それも否定的な)反響を呼んでおり、今回Final Fantasy XVIの制作発表に当たっては、既にFinal Fantasy XIVの立て直しで大成功をしていた吉田氏を前面に出すことで、ユーザーを安心させようという思惑がスクウェア・エニックスにはあったと思うが、吉田氏にとってはプレッシャーだったろう。

だが、現在も制作が続いており、世界最大のMMORPGとして大成功しているFF14と、期待がかかる名作シリーズの正当続編FF16の作品の同時プロデュースという重責にもかかわらず、吉田氏は精力的に、しかし冷静に仕事をこなしている。

「ファイナルファンタジーが業界のトレンドにうまく適応できているかというと、現状は苦戦しているのではないかと思います。ゲームデザインの方向性について、さまざまな要望が寄せられるようになりました。正直なところ、1つのタイトルでその要望をすべて満たすことは不可能です。複数の作品を作り、その時々でベストなものを作り続けていくしかないというのが、今の私の考えです。」

Inverse

また、吉田氏はゲーム自体の変化だけでなく、それを作る人々についても考えて行かなければならないとしている。

「ゲームが娯楽である限り、この問題を検証し続け、管理方法をきめ細かく改善することが唯一の解決策だと思います。いくら仕事を続けたい人がいても、燃え尽きないようにするためには、強制的に休憩を与え、限界に達する前に再活性化させることが重要です。」

Inverse

とはいえ、これは吉田氏自身にこそ言えるだろう。

どうか適切な休養を取り、素晴らしい作品作りを長く続けてもらえることを切に願う。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする