「OneDrive」が15周年を迎え、新たなホーム画面や共有機能を順次導入していくことを発表

Microsoftは8月9日(現地時間)、同社のクラウドストレージサービス「OneDrive」が15周年を迎えたと発表した。公式ブログ「Microsoft 365 Blog」でこれまでの歴史を振り返りながら、今後の新たな改善について明らかにしている。

MicrosoftはOneDriveの15周年を記念して、“OneDrive Home”と呼ばれる新しいランディングページを作成する事を明らかにした。これまでのように、OneDriveを初めて開いたときに「マイファイル」タブが表示されるのではなく、オンライン版Officeのダッシュボードに似た新しい「ホーム」ページが表示されるようになるという。

microsoft onedrive home
新しいホーム画面「OneDrive Home」(出典:Microsoft)

Officeウェブアプリと同様に、OneDrive Homeにはファイルのリストが表示され、最近アクセスした順に整理されている。リストの上には、Word、Excel、PowerPoint、PDFのファイルタイプ別にドキュメントをソートするためのフィルタが配置される。

また、ファイルの共有に関して、「Office」アプリ、「SharePoint」および「Teams」との一貫性向上が図られる。共有対象やアクセス権の管理が、どのアプリでも同じように行うことができるようになるという。

Share 2
Microsoft Teams 全体での一貫した直感的な共有エクスペリエンス。(出典:Microsoft)

Microsoftによると、OneDrive Homeは “今後数ヶ月以内に“利用可能になるとのことだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする