Appleが技術開発を推し進めるためにサンディエゴで67エーカーの土地を含む大規模な施設を取得

Appleは、サンディエゴに位置する新しいキャンパスを購入した。同社は、67エーカーのRancho Vista Corporate Centerを4億4500万ドルで取得し、この地域で研究開発を進める計画のようだ。

継続的な土地拡張の一環として、Appleは最近、サンディエゴの土地の取得を完了した。このスペースは、ソフトウェアとハードウェアのエンジニアリング技術開発に使用される予定だ。

Apple Insiderによると、Appleは2019年からキャンパスの購入を計画していた。その際、同市に約1,000人の技術職を採用すると伝えていたようだ。

その結果、AppleはRancho BernardoとUniversity Cityにある多くの建物を購入し続けている。ついには、サンディエゴの4億4500万ドルのRancho Vista Corporate Centerも購入するまでに至った。

Rancho Vista Corporate Centerは、かつてIT企業のヒューレット・パッカード(通称HP)が所有していたが、その後同社はこの土地を6900万ドルでThe Swift Real Estateに売却することを決定した。

この67エーカーのキャンパスは、Appleが現地で初めて行った「商業施設の購入」とされている、とThe San Diego Union-Tribune紙は報じている。

この買収は、Appleが同地域でサービスを拡大する上で役立つだけではない。それ以上に重要なのは、サンディエゴの地元住民にさらなる雇用を生み出すことだ。Appleによれば、2026年には約5,000人の従業員がそこで働くようになる見込みだという。

Appleの担当者は、地元ニュースのインタビューで、「私たちは20年以上にわたってサンディエゴのコミュニティの一員であり、世界クラスのチームを拡大するために、ここで投資を続けられることに興奮しています」と語っている。

AppleはQualcommに依存している現在の5Gモデムから、自社開発の独自モデムへの切り替えを計画しており、その研究・開発をサンディエゴで進めていた。今回のキャンパス購入は、この地で雇用を増やし、開発を更に推し進めるための一環であると見られている。実際Appleの求人サイトには、データサイエンス、ソフトウェア、その他の分野の専門家の募集が掲載されている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする