Xbox シリーズX|S、ファームウェアアップデートにより起動時間が約半分に

Microsoftは、XboxシリーズX|Sコンソールの起動時間を大幅に削減した。この変化に関しては、既に一部のXbox Insiderテストプログラムのメンバーは気付いているようだ。、The Vergeによると、起動時のアニメーションが短縮されたことにより、コールドブートからアクティブまで約5秒で完了するようになったとのこと。

ブートアニメーションの変更により起動時間を短縮

Xbox統合マーケティングディレクターのJosh Munsee氏が明らかにしたように、同社は全体の起動時間を短縮するために、より短いブートアニメーションシーケンスを作成した。通常、XboxシリーズX|Sは、このアニメーションの再生に9秒を要していたが、これを5秒にまで短縮している

しかし、この起動時間の短縮は、MicrosoftがDirect Storage(コンソールとPCの両方で最新のSSDの超高速性能をフルに活用できるように構築されたMicrosoftの技術)に注いできた努力を考慮すると、イントロが短くなったことだけが原因なのか、疑問も残る。

また、この高速化はコールドブートに適用されるもので、その他のゲームの起動などは従来と変化はない

残念ながら、このファームウェアは現在Xbox Insiderのみに配布されているが、いずれ一般向けに展開される際には、この起動はエナジーセーバーモードに設定されたコンソールのみが対応になるとのことだ。地球環境に配慮したXboxシステムの新しいデフォルト状態であるエナジーセーバーモードは、スタンバイモードの20分の1の電力で、バックグラウンドでのダウンロードやアップデートを実行することが可能となる。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする