AMDがニューヨークに新しいCPUデザインセンターをオープンし研究開発を強化

AMDは近年順調に売上を伸ばしているが、それに伴い研究開発も積極的に行っている。これにより更に革新的な製品を開発し、それによって売上を伸ばすという好循環サイクルに入っている同社は、今回、ニューヨークにまったく新しいCPUデザインセンターを開設するようだ。

順調に売上を伸ばし研究開発にも力を入れているAMD

AMDのCPU部門は、ニューヨーク州ポキプシーにまったく新しいサイトを建設するほど雇用を増やしている」とAMDのMike Evans氏はTwitterで、同社の求人サイトのスクリーンショットと共に発言している。

募集職種は、同社採用サイトによると、検証エンジニア、CPUコアパフォーマンスアーキテクト、シニアインフィニティファブリック検証エンジニアを採用する予定とのことだ。

AMDはクライアント端末向けCPU「Ryzen」やデータセンター向けプロセッサ「EPYC」の大ヒットを受け、研究開発予算は順調に伸びており、2016年の約10億ドルから2021年には約28億ドルに増加しており、ハードウェアやソフトウェアの開発に膨大なリソースを投入できるようになっている。

statistic id267873 amds expenditure on research and development 2001 2021
AMDの研究開発費の推移(出典:Statista)

AMDが新たに設立したニューヨークの研究開発センターは、この募集職種の多様性から、新しい事業を形成し、同社の更なる成長を促す役割を果たすのではないだろうか。ニューヨークの新しいCPUデザインセンターから、まったく新しいCPUが生まれる日もそう遠くないかも知れない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする