Intelが“在庫一掃のため”にCPUの値上げを計画

Intelは現在、CPUの供給過剰問題を抱えており、できるだけ早く供給を減らしたいと考えているようだ。DigiTimesの報道によると、Intelは近日中に、CPUの価格を引き上げる計画をベンダーに伝えているようだ。これは、PCベンダーに値上げ前の今、より多くのCPUを購入させ、供給過多を解消させようという狙いがあるようだ。

将来の値上げを予告することで早期の買い占めを促す戦略

この戦略は目新しいものではなく、これまでにも同社の戦略上必要なタイミングで在庫調整を行うためによく使われてきた。しかし、この戦略の副作用は、PCベンダーがすでに必要以上の供給量を買い占めるため、その後の売上が顕著に減少することである。それでも、この戦略によって、Intelが抱える供給過剰の問題を軽減することができるはずで、それが今のIntelの最優先課題であるように思える。

DigiTimesの情報筋によれば、Intelがこの戦略で成功するかどうかは不明だが、消費者向けとサーバー向けプロセッサ、さらに今年の秋以降にはWi-Fiチップの価格が上昇するとみられているそうだ。成功するかどうかは、各ベンダーの要求と、各ベンダーがどれだけのCPUを追加で必要とするか、あるいは使えるかどうかにかかっている。

IntelのCPU値上げがOEM市場とDIY市場の両方に影響するかどうかは不明だが、DigiTimesは両者を区別していないので、両方に影響する可能性はある。それだけでなく、Intelはインフレ対策としてモバイルプロセッサの値上げも示唆しており、すでに価格改定を顧客に通知している。その結果、近い将来、ノートPCの価格が若干上昇する可能性もあるようだ。

Intelは本来はもう少し早い時期に値上げを敢行したかったようだが、実際には実行までに少し時間がかかっている。これは以前にAMDが同様の戦略をとった際の結果を鑑みてのようだ。AMDは、2021年後半に、顧客に向けて値上げを検討したと伝えられているが、それが裏目に出て、ベンダーが値上げに応じないという事態になった。このことも、おそらくIntelに影響を与え、CPUの価格を低水準に抑えることにつながったのだろう。

現在は、材料不足が解消しているにもかかわらず、Intelは2022年末近くにすべてのプロセッサの値上げを実行しそうだ。しかし、DigiTimesの情報筋によれば、それが実現しない可能性もある。これらの計画は、言い換えれば、予測であり、潜在的な選択肢である。どちらかというと、秋口にIntelのCPUで一時的な価格上昇が見られるだろうが、その後、価格は割引の領域まで下がる可能性もある。

また、数ヶ月以内に次期Intel Raptor Lakeプロセッサが発売される予定であることにも注意が必要だ。今回の値上げがRaptor Lakeにも適用されるかは不明だが、理屈としてはIntelはRaptor Lakeの発売に先立ち、既存のAlder Lakeの在庫を一掃したいと考えていることを示唆しているだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする