TSMCが第2四半期決算発表にて2nm量産スケジュールを公開

TSMCは本日、台湾で2022年第2四半期の決算を発表した。決算発表後には恒例の経営会議が開かれ、世界最大の受託チップメーカーの幹部が、チップ分野が循環的な景気後退の真っ只中にある今、同社の最新技術や半導体業界の状況、設備投資計画などの詳細を共有した。TSMCの第2四半期の売上と純利益は毎年2桁の伸びを示し、同社は為替レートの変動が有利に働くと見る一方、電力や原材料のコスト上昇がマージンに影響を及ぼすことへの懸念を表明している。

チップの調整は2022年まで続き、2023年に終わると考えている

TSMCの決算発表は、奇しくも同社の受託チップ製造分野での主要なライバルであるSamsungが、3nmプロセスノードのチップ量産で主導権を握るために早期に発表した時期に合わせて行われた。しかし、Samsungの発表では、この3nmプロセスでの大規模な受注を獲得したかどうかまでは示されていない。

本日未明の決算説明会で、TSMCは同製造プロセスとその後継プロセスに関する計画が順調であることを明らかにした。同社の経営陣は、3nmが今年後半に量産に入ることを概説し、同時にTSMCの2nmノードの詳細についても共有した。

2nmプロセスは、同じ消費電力レベルでは3nmノードより10%~15%高速で、同じ周波数では25%~30%効率的である。しかし、密度の面では、新しいプロセスでは、以前のプロセスよりも10%増加するという印象の悪いものであるとも報道されており、TSMCはまだこの件に関する詳細を明らかにしていない。

生産に関しては、TSMCの経営陣は、2nmが2024年に試験生産に入り、2025年に量産に入ると概説しており、以前より明らかにしているスケジュールに変更がないことが明らかになった。

TSMCの最高経営責任者であるC.C.Wei博士は、半導体業界で進行中の在庫調整について自身の考えを述べた。Wei氏は、在庫レベルが安定し、修正されるには数四半期かかると見ており、早ければ2023年になると述べた。しかし、この期間中も自社の成長レベルは維持され、10%から15%の年平均成長率(CAGR)を達成できると楽観的な見方を示した。

ファブの最高財務責任者(CFO)であるWendell Huang氏は、今年下半期に業界の在庫残日数(DOI)が減少すると予想していることを明らかにした。また、3nmの生産がTSMCの経費に与える影響を評価するのは時期尚早だが、2%程度の影響になると推定されることも明らかにした。

コストについては、為替レートの変動が収益にプラスに働くと予想する一方、エネルギーコストと原材料コストの上昇がその恩恵を相殺すると警告している。ただし、TSMCは長期的に54%の粗利益率を維持できるとも考えている。

TSMC ARIZONA FAB 1 2060x1146 1
TSMCが米国アリゾナ州で建設中のファブ(出典:TSMC)

最後に、TSMCの米国での計画についても明らかにされたが、同社は2024年の稼働を目指し、同国で最大の施設を建設中であり、同社の幹部は米国での合弁事業を進めていることを否定した。さらに、現在米国議会で超党派の支持待ちで停滞している法案についての質問に対し、TSMCが政府からの補助金を求め続けていることも強調した。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする