有機ELディスプレイを搭載したiPadは「比類ない画質」になるとのうわさ

Appleは今年、新しいiPhone 14シリーズやApple Watch Series 8など、大量の製品を発表する予定だ。それに加えて、同社は現在、初の有機ELディスプレイ搭載iPadの最終プロトタイプを製造していると言われている。そして、有機ELパネルを搭載した新しいiPadは、軽量なデザインとともに「比類ない」画質を特徴とするとのことだ。

Appleは先日、パフォーマンスと共に省電力性能も大幅にアップした新しいM2チップセットを搭載した、新しいMacBook AirとMacBook Proのモデルを発表した。この新しいチップは、前モデルのM1同様に、今後はiPad Proモデルに搭載されると思われる。そしてApple初の有機ELディスプレイiPadは、11インチと12.9インチのiPad Proになるとうわさされている。

ET Newsの新しいレポートによると、Appleは韓国のパートナーであるLGとSamsungとともに、有機ELパネルを搭載したiPadモデルのプロトタイプを開発しているとのことだ。さらに、iPadのディスプレイ品質を確保するために、さまざまなテストを行っているとのことだが、新しい有機ELパネルにより、iPadは「比類のない画質」を実現することが期待されている。また、パネルの軽量化を目的としたドライエッチングプロセスにより、表示品質の向上に加えて、薄型化がされるとのことだ。ただし、それに伴い、耐久性を高めるための特殊なディスプレイコーティングを開発する可能性もあるとのことだ。

ディスプレイの軽量化により、Appleはより軽量なデザインの有機ELディスプレイiPadを製造出来る事になる。有機ELディスプレイは、液晶パネルに比べてコントラスト比が高く、真の黒を再現し、画質を向上させるとともに、消費電力も抑えることができる。その画質の素晴らしさは、恐らくiPhone 13 Proをご覧になっていれば分かるだろう。

有機ELディスプレイ搭載iPad Proの発売時期については、2024年に発表されると予想されている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする