YouTubeがiOS/iPadOS向け公式アプリでピクチャインピクチャ機能を正式に提供開始 – ただし日本では有料会員のみ利用可能

これまでの長いテスト期間を経て、ついにiOS/iPadOS向けのYouTubeのピクチャー・イン・ピクチャー対応が正式に公開される。これにより、YouTubeアプリを閉じていても、小さなポップアップウィンドウでビデオを見続けることが出来るようになった。とはいえ、この機能が使えるのは日本では有料の「YouTube Premium」会員に限られるようだ。

既にGoogleは6月に、ピクチャー・イン・ピクチャーの対応を米国内のYouTubeアプリのプレミアムユーザーと一般ユーザーの両方に展開すると発表していたが、国外でも多くの人が動作することを確認していたため、世界規模で対応する可能性はうわさされていた。YouTubeは、正式にリリースされる前に十分に体験の改善するために、この機能のテスト期間を数回延長していた。この度、この機能を公開する準備がついに整ったようだ。

米国では全てのユーザーがミュージックビデオなど特定のコンテンツ以外で無料でこのピクチャー・イン・ピクチャー機能を利用可能だが、日本を含む米国以外の地域では有料プランのYouTube Premiumに加入中のユーザーのみ利用可能となる。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする