次期MacBook ProとMac mini用のM2 ProチップはM1 Proに比べて20%の消費電力削減か?

Appleが先日発表した「M2」チップは、GPUコアが増えたことによる印象的なグラフィックパフォーマンスの改善を見せたが、3nmプロセスへの移行はなく、TSMCのN5P(5nm)だった。うわさではTSMCは2022年末から3nmプロセスの量産を開始し、次期MacBook Pro及びMac mini用のM2派生版からAppleの3nmチップの歴史は始まるようだ。

AppleのM2 ProおよびM3チップはTSMCの3nmプロセスにより大幅な省電力化のうわさ

台湾メディアのDigiTimesによると、AppleのM2 ProとM3チップは、3nmプロセスを採用するとのことだ。同社はチップの製造にTSMCを選択し、2022年後半に量産を開始すると伝えている。TSMCが今年の後半に3nmプロセスの製造を開始するとのうわさは以前からあったが、改めて伝えられた形となる。

先日、Bloombergの記者Marc Gurman氏によってAppleがM2のアップグレード版を搭載した少なくとも4台の新型Macを開発しているとの報告もあった。Gurman氏は、AppleがMacBook Proの上位モデルだけでなく、Mac miniにもM2 Proチップを採用すると報じていた。MacBook Proの上位モデルにはM2 Maxチップも搭載され、以前のうわさも合わせると、これも3nmプロセスを採用する物と見られる。

新しいMacBook AirとMacBook Proに搭載されているAppleのM2チップは、TSMCの5nmプロセスで製造されている。ちなみに、昨年のM1 ProとM1 Maxも同プロセスをベースにしている。もし同社が3nmプロセスを採用すれば、M2 ProとM2 MaxはAppleシリコンは次の段階に進むことになる。

ただし、現在判明しているTSMCのN3プロセスは、N5Pに比べて劇的にパフォーマンスが向上する物とは見られていない。N5に比べると、M2に採用されているN5Pは5%程度の性能向上、対してN3は10%〜15%とのことなので、N3はN5Pに比べて4%〜9%の性能向上になるのではないだろうか。ただ、消費電力の削減幅はかなり大きく、現在のM2チップに比べても20%以上の電力削減が見込めそうだ

N5P vs N5N3 vs N5N5P vs N3
消費電力-10%-25-30%-17-23% ?
パフォーマンス+5%+10-15%+4-9% ?

もしこのニュースが事実で、Appleが3nmプロセスに乗り出すとしたら、Appleの次世代フラグシップチップの性能も楽しみな物になりそうだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする