Ankerのサブブランド「AnkerWork」第1弾製品 リモートワークに最適な「AnkerWork B600 Video Bar」を販売開始

Ankerから、リモートワーク時に必須のウェブカメラ、ライト、マイク、スピーカーの4つの機能を1つにまとめた4-in-1ビデオバー「AnkerWork B600 Video Bar」が販売開始となった。

Source

Anker Japan : AnkerWork B600 Video Bar

こちらは、Ankerのサブブランド「Anker Work」による製品だ。「オフィスでも自宅でも、その人らしく活躍できるベストな仕事環境のサポート」をコンセプトに、これまで展開してきた会議用スピーカーやウェブカメラなどのデスク周りを整えることができる製品をラインナップするという。

以下に公式プレスリリースを転載する。

【AnkerWork】Ankerのサブブランド「AnkerWork」第1弾製品 リモートワークに最適な「AnkerWork B600 Video Bar」を販売開始

働く環境をスマートにサポートするAnkerのサブブランド「AnkerWork」の第1弾製品として4-in-1ビデオバー「AnkerWork B600 Video Bar」を6月21日より販売開始。ウェブカメラ、ライト、マイク、スピーカーを一つにまとめ、スムーズなオンライン通話をサポートするリモートワークに最適な一台です。

2011年の創業当初より、米国・日本・欧州を中心にデジタル関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:猿渡 歩)は、世界No.1モバイル充電ブランド(※)の「Anker」において、4-in-1ビデオバー「AnkerWork B600 Video Bar」を2022年6月21日(木)よりAnker Japan公式サイト(製品ページ:https://www.ankerjapan.com/products/a3383)、総合オンラインストアAmazon.co.jp(製品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B09R1KWVGH)、楽天市場(製品ページ:https://item.rakuten.co.jp/anker/a3383/)および一部家電量販店等にて販売開始致します。

main 2

AnkerWorkは、「オフィスでも自宅でも、その人らしく活躍できるベストな仕事環境のサポート」をコンセプトに、これまで展開してきた会議用スピーカーやウェブカメラなどのデスク周りを整えることができる製品をラインナップする、Ankerのサブブランドです。

AnkerWorkからの第1弾製品となる「AnkerWork B600 Video Bar」は、リモートワーク時に必須のウェブカメラ、ライト、マイク、スピーカーの4つの機能を1つにまとめた4-in-1ビデオバーです。AnkerおよびAnkerWorkのウェブカメラで初めてライトを搭載しており、表情などを細部まで明瞭に照らすことができる上に、2Kの高解像度での撮影が可能なため通話相手に鮮明な映像を届けることができます。またAnkerWorkソフトウェアをPCにダウンロードすると、カメラの向きを変えずに、水平・垂直方向にレンズの向きを調整して被写体を中央に捉える自動追尾および自動画角調整を行う「セルフフレーム」機能の設定が可能です。その他、ライトの色温度調整など、好みに合わせて幅広くカスタマイズできます。

環境雑音を軽減する「ノイズリダクション機能」と本体に搭載された4つの高感度マイクで、通話相手に聞き取りやすい音声を届けることができる他、2Wの高精細スピーカーを2基搭載しており、クリアな音声再生が可能です。一つの製品でオンラインでの通話にかかる悩みを映像・音声の面で解消し、リモートワーク時の快適なコミュニケーションをサポートします。

AnkerWork B600 Video Bar  | リモートワークに最適な4-in-1ビデオバー

sub1 3

製品の特徴
– リモートワークはこれ一台:カメラやスピーカー、マイク、ライトの4つの機能をメガネケースほどの大きさに詰め込んだ4-in-1ビデオバー。リモートワークに必要な機能を一台に詰め込み、PCに繋げるだけで使用できるので、デスク周りをスッキリとさせたい方におすすめです。

– 鮮やかで明るい映像:2Kの高画質と、ライトの明るさを自動調整するMagicSight™テクノロジーにより逆光や夜間でも細部まで鮮明な映像で通話が可能。ライトを使えばより明るく、より明瞭に撮影できます。

– AnkerWorkソフトウェアでカスタマイズ:AnkerWorkソフトウェアをPCにダウンロードすると、カメラの向きは変えずに、水平・垂直方向にレンズの向きを調整して被写体を中央に捉える自動追尾および自動画角調整を行う「セルフフレーム」機能の設定が可能です。また、ライトの色温度調整など、好みに合わせて幅広くカスタマイズできます。

– 優れた音声処理機能:話し声やチャイム等の環境雑音を自動で調節する「ノイズリダクション機能」や音声の入力ボリュームを自動で調整する「オートゲインコントロール機能」を搭載。また、4つの高感度マイクにより、ストレスのない通話を実現致しました。加えて、2Wの高精細スピーカーを2基搭載し、相手の話し声を聞き取りやすいクリアな音声で再生します。

– 直感的な操作:本体側面のミュートボタンをタッチすることで音声のミュートのオン / オフ、ライトのオン / オフ設定が可能。また、本体前面のタッチバーをスライドしてライトの明るさを調整することができ、会議中にも素早く直感的に操作ができます。

製品の仕様

サイズ約180×46×38mm重さ約462g
入力5V = 3A本体接続方法USB Type-C
スピーカー出力2W×2マイク数4
色温度範囲2,900K〜6,200K画質最大2560×1440画素
対応OS本製品
Windows 7 以降 、macOS 10.11 以降

AnkerWorkソフトウェア
Windows 7 以降 、 Mac OS 10.14 以降
※ 快適にご利用いただくためにWindows10 以降を推奨致します
※ Linux搭載のPCはサポートしておりません
パッケージ内容AnkerWork B600 Video Bar、USB-C & USB-C ケーブル、ACアダプタ、ACアダプタ用プラグ、クイックスタートガイド、安全マニュアル


販売価格
-    税込 29,990円

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする