Nintendo Switchにシステムアップデート14.1.2が配信 – 文書化されていない変更の詳細

任天堂は、6月14日にNintendo Switchのシステムバージョン14.1.2の配信を開始したと発表した。

更新内容は以下の通りとなる。

14.1.2(2022年6月14日配信開始)

  • いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

公式サイトには、上記の通りの内容しか記載がなかったが、データマイナーである、OatmealDome(@OatmealDome)氏によると、実際には文書化されていない変更点があるとのことだ。判明している分については以下の通り。

  • OS内部のコンポーネントが更新された : バス, Bluetooth, package2. (バグフィックス?)
  • Adolf Hitler の名前のスペルミス (“hdolfaitler”) が全言語の悪い言葉リストに追加された。

バス -> GPIO、I2C、UARTなどを介して、マザーボード上の物理コンポーネント間の通信を処理する。
Bluetooth -> 無線通信
package2 -> カーネルのような主要なシステムコンポーネントが含まれる

とのことだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする