AMDの次世代Radeon RX7000シリーズは2022年10月から11月の発売か

リーカーによる最新の情報によると、RDNA 3アーキテクチャに基づくAMDの次世代Radeon RX7000シリーズグラフィックスカードは、2022年第4四半期に発売されるとのことだ。

Source

AMD Radeon RX 7000シリーズは10月後半から11月中旬に発売との予想

AMD Radeon RX 7000シリーズグラフィックスカードは、フラグシップGPUのNavi 31を筆頭に、Navi 32、Navi 33といった3つのGPUを搭載したモデルを展開すると言われている。以前の噂では、まずはエントリーモデルのNavi 33 GPU搭載モデルが登場し、それに続いてNavi 31、そしてNavi 32 GPU搭載グラフィックスカードが登場すると言われていたが、どうやら状況は変わってきたようだ。どのGPUが最初に市場に出るかはわからないが、AMDはNavi 33とNavi 31のバリエーションを最初に発表すると思われる。発売時期については、10月下旬か11月中旬と予想されている。

NVIDIAは当初早い段階で新しいグラフィックスカードをリリースし、市場を奪う戦略ではないかと言われていたが、次世代GeForce RTX 4000シリーズの発売も秋以降になるのではないかと言われており、時期的に両社が真っ向ぶつかり合う図も考えられる。

ちなみに、同時期にAMDはZen 4世代の新型Ryzen CPUをリリースし、IntelもRaptor Lake世代の次世代Core CPUをリリースすると言われており、2022年の第4四半期は自作ユーザーにとっては嬉しくも財布にとっては悩ましい時期になりそうだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする