SIEが2025年には自社タイトルの半数をPC&モバイルで提供する事を発表

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2025年には自社タイトルの約半数をPCとモバイルプラットフォームで展開する見込みであることを発表した。

Source

ソニーグループ : 2022年度 事業説明会資料(PDF)

この記事の要点
  • ソニーグループの2022年度事業説明会において、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの社長兼CEOのJim Ryan氏は、今後数年間のPlayStation Studiosの計画について明らかにした。
  • Ryan氏によると、2025年度までに、VR、モバイル、ライブサービスゲームへの投資が増え、IPが増えるとのこと。
  • 同社は常にファーストパーティのコンソール専用タイトルに力を注いでおり、それは今後も続くとのことだ。

変わりゆく市場の中で、投資を拡大し、シェアを獲得していく計画

発表は、5月26日に実施されたソニー事業説明会の中で行なわれた。ゲーム&ネットワークサービス分野では、PlayStation 5に関する現況や今後の展望が語られる中、2025年度までのPlayStation Studiosの展開についても詳しく説明されている。

Xbox Game Passなどのクラウドサービスでモバイルでのプレイも可能となり、Call of DutyやApex LegendsなどのAAAタイトルが移植されるなど、モバイルゲーム市場はかつてない活況となっている。ソニーは以前より、モバイルゲームへの参入に関心を示していたが、今後数年間で具体的な計画を進めるようだ。「PlayStation Studiosの価値」に適合する確立されたサードパーティのIPと、社内スタジオによって作成された新しいIPの両方を提供する事を目指すという。

また、PC向けの『Death Stranding』や『Horizon Zero Dawn』、『Days Gone』などの移植の成功により、売り上げでは大幅な成長を予定しており、加えて、Bungieの買収(まだ承認待ち)による、ライブサービス事業の拡大も含めると、2022年度の売上は3億ドル以上を見込んでいるという。この数字は2021年度の売上8,000万ドルの3倍以上となっている。

さらにPCとモバイルで展開する自社タイトルの数は、2025年には約半数になる予定とした。残りの半数はPS5タイトルで、PS5とPC、モバイルの3つの軸で展開することで、ファーストパーティータイトルをさらに進化させていくという。

また、VRへの投資も継続され、PS VR2は発売時に20以上のゲームを同時にリリースする予定だ。

今後も活発な投資や買収が続くと予想される。

©2022 Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved.Design and specifications are subject to change without notice.

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする