「Meta Quest」ソフトウェア・アップデート v40の情報が公開 – 「セキュリティ」と「プライバシー」の強化がメインの更新

Meta Questの最新ソフトウェア・アップデート「v40」の詳細がOculusブログにて公開された。「V40」では、「セキュリティ」と「プライバシー」を大きなテーマとした機能が追加される。なお、ソフトウェア・アップデートは段階的に提供される予定。

目次

Meta Quest アップデート v40

新機能「App Unlock」

meta quest app unlock

v31ではMeta Questヘッドセットを利用者が選んだパターンを描いてロックする機能が導入されたが、これまでは、デバイス全体へのアクセスを許可するか、許可しないかのどちらかだった。「v40」では特定のタイトルにアンロックパターンを付けることができる新機能「App Unlock」が追加される。

これは例えば、15歳の子供がMeta Questを利用する際に、その子がプレイするのに適さないゲーム(18歳未満非推奨のゲームなど)にアクセスできないようにするような機能だ。今後、VRペアレンタルコントロールツール(保護者による監督)機能を展開する際に、保護者の方々に安心していただけるような機能になるとのことだ。

安全な支払い方法

3d secure meta quest

VR内でも、3Dセキュアの認証ステップを含め、3Dセキュア対応のクレジットカードで決済できるようになる(ただし、アプリ内課金で3Dセキュアサポートを有効にするには、開発者のオプトインが必要)。

キーボードの追加

keyboard meta quest

Apple Magic Keyboard with numeric keypadをサポートするようになるほか、Logitech K375sとLogitech MX Keysの2つの新しいキーボードが追加される。

また、サポートされるデバイスのリストが増えたため、使用するキーボードを管理する簡単な方法として、設定メニューの「保存済みのキーボードを管理」セクションから、ヘッドセットに追加したキーボードモデルを管理して調整することができる。

オーディオのアクセシビリティ

audio option meta quest

耳の不自由な利用者にも快適に使えるように、新しいオプションが追加された。ヘッドセットの左右のスピーカー(またはヘッドホンジャック)から同じ音声を聞くことができる、新しいモノラル音声オプションが追加された。また、左右のオーディオチャンネルのバランスも調整できるようになった。例えば、右耳のほうがよく聞こえるという利用者は、バランスを左側に調整してオーディオを中央に寄せたり、スライダーを右側に寄せてクリアにしたりすることができるようになった

エンドツーエンドの暗号化されたMESSENGER

end2end messenger meta quest

「v40」では、Messengerの1対1のメッセージとVRでの通話に、オプションでエンドツーエンドの暗号化がテスト出来るようになった。この機能により、個人的なチャットにプライバシーとセキュリティのレイヤーを追加できるようになる。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする

目次