Amazon KindleがついにEPUBをサポート – 2022年後半に対応予定

Kindle

これまでAmazonが提供している電子書籍リーダー「Kindle」では、他の競合サービス、オンライン書店で多数使用されている電子書籍フォーマット「EPUB」をサポートしない姿勢を貫いてきたが、ここにきてついに方針転換を決めたようだ。

この記事の要点
  • EPUB」形式のファイルをKindleで開くことが出来るようになる。
  • ただし、利用には「Send to Kindle」を介する必要がある。これにより、自動でEPUBがKindleで読み込めるように変換される。
  • この対応は2022年後半から行われる。

Amazonが15年の時を経て、ついにEPUBを受け入れる

Amazonは、最新の電子書籍リーダーKindleのすべてが、世界で最も人気のある電子書籍フォーマットであるEPUBをサポートすることを発表した。同社は最近、Send to Kindleのドキュメントを更新し、今年後半にEPUBのサポートを追加することを表明している。

現在、Kindleで採用されている「MOBI」は古いファイル形式であり、最新のKindleで利用できる機能をサポートしていないので、今後Send to KindleはMOBIに対するサポートを終了するとのことだ。ただし、MOBIの書籍がすでにKindleにある場合、それらは引き続きアクセス可能だ。 また、アマゾンはAZWをKindleに送信する機能を既に停止している。

Send to Kindleは、Amazonアカウントに登録されたサポートデバイスにファイルを送信するためのシステムだ。書籍、PDFファイル、その他サポートされているドキュメントを電子書籍端末に送ることができる。この機能を利用するのに最も簡単な方法は、Outlook、GMAIL、あるいはHotmailなど、お気に入りのメールクライアントにファイルを添付して、専用の「Kindleメールアドレス」にメールを送信する方法だ。これだけでドキュメントがKindleで読み込めるように自動で変換されて、Kindleに送られる。この機能については、公式のヘルプファイルで学ぶことが出来る。また、その他にもSend to Kindleには、Google Chromeのプラグインに加えて、PCとMAC用の専用アプリも用意されている。ただし、自分のKindleにEPUBブックを送信するためには、ファイルはDRMフリーでなければならないことに注意が必要だ。

TEXALでは、テクノロジー、エンターテインメント、ゲームなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはすべてホームページで確認してください。TwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。ガジェット大好き。ゲーム大好き。夜は子供達を寝かしつけつつ自分も寝てしまい、早起きして朝活するのが日課となっている。最近の悩みは運動不足気味なこと。

コメント

コメントする